ワット・ポーの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ワット・ポー
วัดพระเชตุพนราชวราราม (ワット・ポー)

2018/01/18 更新

基本情報

住所

Wat Pho, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok

フェリーN8 Tha Tien駅

料金

฿100

営業時間

8:00-17:00

休業日

年中無休

HP

http://www.watpho.com/
タイ語、英語

Wat Poh
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

バンコク3大寺院のひとつ ワット・ポー

Wat Poh

ワット・ポーは、バンコク3大寺院に数えられる寺院だ。正式名称は「ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン」と長いのだが、一般的にはワット・ポーの通称で知られている。よくガイドブックに載っている「横たわっている大きな仏像」はこちらのワット・ポーに鎮座している。

バンコクでも最も古い寺院であり、その敷地面積は80,000平方メートルにもおよぶ。寺院内には図書館なども設置されているほか、タイ式マッサージの店もあるなど、さまざまな側面をもった寺であるといえる。

すぐ近くにワット・プラケオを含む王宮群があるため、歴史的にも王室の強い庇護を受けてきた寺院でもあった。そのため、中国文化とタイ文化の架け橋という面も持っており、建築的にも非常に面白いつくりとなっているのが特徴だ。

見どころ

①バンコク観光のシンボル 大涅槃仏

ワット・ポーといえば、何をさておいても大涅槃仏だ。黄金に輝く巨大な仏像が腕枕をして横たわっている姿は、誰しも一度は目にしたことがあるだろう。涅槃仏の全長は49メートル、高さは12メートルにもおよび、その寝姿のインパクトは絶大だ。

ぐるりと周囲を一周するのがこちらの見学スタイルだが、歩いていると途中で何度か涅槃仏と目が合う瞬間がある。釈迦の慈悲の心を象徴したような目を見ていると、何もかもを見通されているような心地になるだろう。また、涅槃の足の裏にはバラモン教の宇宙観が見事な細工で記されているので必見だ。

②タイ式マッサージの総本山

ワット・ポーは、タイ式マッサージの総本山としての側面も持っている。19世紀、ラーマ3世の時代には、医学を学ぶ大学として機能していた時期があったのだが、それ以来、タイ式マッサージがここを中心に発展していったためだ。

そのため、敷地内にはユニークな「マッサージ像」があるほか、実際にマッサージを受けることのできるマッサージ場も2ヶ所設けられている。観光で疲れた体をほぐしてもらってから次のスポットへ向かってみるのもよいだろう。

旅のプロ直伝 ワット・ポー観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、砂川碧さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
タイ担当
砂川 碧
提携パートナー
バンコク最大規模の寺院であるワットポーに訪れると、まずは金色の涅槃像「大寝釈迦仏」の圧倒的な存在感に驚かされます。さらに、「本堂」「四天王の仏塔」「回廊の仏像」と見どころが盛りだくさんです。

また、タイ古式マッサージの総本山としても有名で、伝統を受け継ぐタイ古式マッサージの学校があります。歩き疲れたら、本場の古式マッサージを体験できるのもワットポーならではの楽しみ方ではないしょうか。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

  • バンコクのお勧めツアー

    世界遺産アユタヤ遺跡+水上マーケット+象乗り体験ツアー

    世界遺産のアユタヤ遺跡を始め、雑貨や食品を販売する小舟が運河を行き交う水上マーケットも見学。象乗りを体験できるオプションもある、タイの魅力を1日にふんだんに詰め込んだ大評判のプランだ。丁寧な日本語ガイド同行もうれしい。
    ➡ 詳細はこちら
  • バンコク旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    ワット・ポーへのアクセス

    Wat Pho, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok

    フェリーN8 Tha Tien駅

    プラン相談

    どんなバンコク旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でバンコク旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    バンコクのホテル
    海外での防犯対策グッズ