シンガポールの電圧・電源プラグ・度量衡

シンガポールの電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

データガイド
データガイド

チェック

シンガポールの電圧・電源プラグ

電源の変換プラグは必須

シンガポールの電圧は230Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。ただし最近のノートパソコンやスマートフォン(iphone等)、カメラのプラグや充電器には「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。普段使用している電化製品が240Vの電圧に対応しているのかどうか、事前に仕様をチェックしておこう。

また、電源プラグはBFタイプ、B3タイプが主流。日本のAタイプのプラグはそのままでは使えないので変換プラグを忘れないようにしよう。シンガポールと同じ電源がBFタイプの国としてはイギリスやアイルランド、マレーシアが挙げられる。シンガポール以外の国への旅行も検討している場合には、複数のプラグの役割を果たすマルチ変換プラグをひとつ持っておくと心強い。

シンガポールの度量衡

日本とほぼ同じ単位を使用!

シンガポールの度量衡は日本とほとんど同じ。メートル、ヘクタール、リットル、グラム等が常用されている。靴や洋服のサイズは日本のサイズ感と異なるものも多いので、購入前に試着するのをお勧めする。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】お手頃価格でシンガポール満喫2泊4日ツアー

  • シンガポール4日間 27,800円-

    成田を午前中に出発し、現地の夜に到着。滞在3日目の深夜に向こうを出発して朝帰着する4日間のツアー。とにかく安価にシンガポールを訪れたい、という人にはイチオシだ。現地では自由行動だが、困った際はH.I.S.の現地支社が日本語対応でサポートしてくれる。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のシンガポールツアーはこちら

    シンガポール旅行者の必読記事

    人気記事

    singapore
    【シンガポールのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集