シンガポールの気候と時差と気温と降水量

シンガポールの気候と時差

2017/05/05 更新

climate_image
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

singapore climate

シンガポールの気候

シンガポールは熱帯雨林気候に属しており、一年を通じて高温多湿だ。じめじめした暑い日が1年間続く。降水量が多いので、雨具の準備を忘れないようにしよう。

雨が降っても1時間-2時間で止むことがほとんどなので、無理に外に出ず、室内で待機していたほうが無難だ。気温と湿度が高いため、むやみに歩き回るとすぐに体力を奪われ、旅を満喫できなくなってしまうので気を付けたい。

シンガポールの時差

シンガポールと日本との時差は-1時間。つまり、日本が正午の時はシンガポールでは午前11:00となる。時差ぼけのリスクは低く、サマータイムも導入していないので、計算する必要もない。

チェック

服装

訪れる時期を選ばず、日本の夏服を着ていれば問題ない。ただし、レストランやデパート等の建物内は冷房が効きすぎて寒い場合が多々ある。風邪を引かない為にも、重ね着できるものを1着用意しておくと重宝する。

編集部一押しの観光プラン

日本語トラム優先乗車のありがたさが現地で身に沁みる

シンガポール旅行者の必読記事

プラン相談

どんなシンガポール旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「5万以内でシンガポール旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

singapore
海外での防犯対策グッズ