クアラルンプールのチャイナタウンの観光情報(歴史・行き方・営業時間)

チャイナタウン
Chinatown

2018/03/15 更新

基本情報

住所

Jalan Petaling 50000 Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur マレーシア
LRTクラナ・ジャヤ(Kelana Jaya)線 Pasar Seni駅から徒歩7分

料金

無料

営業時間

年中無休

休業日

年中無休

HP

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴

ぺタリン通りをメインストリートに、周辺のスルタン通りまで広がるエリアがチャイナタウンと呼ばれている。中華系の露天を始めとした様々なお店が立ち並ぶ、一日中賑やかな人気商店街だ。

人が集まる一番の理由は、美味しい中華風の飲食店が数多くあること。マレーと中華が融合したニャニャ料理や、日本人好みのワンタンメンの店、お粥専門店など数多くの人気料理店がある。グルメなマレーシア人にも好まれており、休日は朝早くから地元の人で賑わうほどだ。値段もリーズナブルなので、試してみよう。

チェック

①ぺタリン通り

チャイナタウンのメインストリートであり、中華街の南北に通るのが「ぺタリン通り」である。アーケード付の通りには、数多くの露天や屋台、食堂が所狭しと並んでいる。時間帯によって出ているお店も違い、朝は市場と飲茶屋台だが、夕方にはナイトマーケットがオープンし、隙間がなくなるほどの出店が開店し始める。

ぺタリン通りで人気の飲食店は、絶品ワンタンの冠記(Koon Kee)や、お粥専門店の漢記(HON KEE)。お粥はお好みで魚、豚、ササミなどのトッピングを選ぶことができる胃にやさしい一品。美味しいニャニャ料理のお店もあるので、食べ歩きには最適な通りだ。

②スルタン通り

メインストリートのぺタリン通りに並行して通っているのが、「スルタン通り」である。チャイナタウンの一部として、ここにも多くの名店が立ち並んでいる。

名店が、「南香飯店(NAM HEONG)」。黄色い看板が目印の、老舗チキンライス店だ。蒸したチキンにショウガ、チリ、醤油の3種のソースを付けていただく「ホワイトチキン」が人気メニュー。絶品だが値段はリーズナブルなので、味わってみると良いだろう。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産マラッカをより詳しく、効率的に散策するなら

  • 名物ニョニャ料理と世界遺産マラッカ日帰り観光ツアー

    世界遺産にも登録されたマレーシアの古都マラッカを日本人ガイドと効率良く散策。ヨーロッパの影響を受けた独特の文化を詳しい説明と共に奥深く探訪する。地元名物ニョニャ料理や、マラッカ全体を見渡せるクルーズも人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • クアラルンプール旅行者の必読記事

    (Photo by Yun Huang Yong IQRemix Kurtis Garbutt IQRemix)

    アクセス・入場

    チャイナタウンへのアクセス

    異国情緒あふれるエリア・チャイナタウンへは、路面電車がおススメ。KLセントラル駅から6分置きに電車が出ているので、マレーシアが初めての方でも行きやすいだろう。最寄駅からは、徒歩7分ほどで行くことができる。

    ▪️個人で訪れる場合
    ルート1
    KL Sentral駅-LRTクラナ・ジャヤ(Kelana Jaya)線 Pasar Seni駅-徒歩
    ・クアラルンプール中心部の駅から乗車時間55分、駅から徒歩約7分
    ・大人片道RM1
    ・電車は約6分間隔

    ▪️ツアーで訪れる場合
    チャイナタウン&ブキッ・ビンタン観光ツアー
    ・9:30グランドミレニアムホテル集合、14:00ブキッ・ビンタン解散など
    ・大人RM160(送迎、日本語ガイド、入場料付き)など

    人気記事

    クアラルンプールのホテル
    【クアラルンプールのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集