マレーシア国立博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

マレーシア国立博物館
Negara Musium Malaysia (ナガラ ミュージアム マレーシア)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Jabatan Muzium Malaysia, Perpustakaan Jabatan Muzium Malaysia Jalan Damansara 50566 Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア

電車ERL-EX、ERL-TR、LRTクラナ・ジャヤ(Kelana Jaya)線、KTMコミューターのバトゥケーブス(Batu Caves)-ポートクラン(Pel Klang)線もしくはラワン(Rawang)-スレンバン(Seremban)線 KL Sentral駅から車で4分、徒歩15分

料金

RM5
6歳-12歳はRM2
5歳以下は無料

営業時間

9:00-18:00

休業日

イド・アル・フィトルとイード・アル・犠牲祭

HP

http://www.muziumnegara.gov.my/main/
英語、マレー語

National Musium of Malaysia
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

マレーシアの歴史と文化を探求する博物館

National Musium of Malaysia

マレーシア国立博物館は、マレーシアの歴史と文化を保存し、後代に残すことを目的とした博物館だ。

展示物は多岐にわたり、マレー伝統の住居や、マレー王族の暮らし、華人の文化、マレーシアの成り立ちなどを深く学ぶことができる。
映像によって歴史を解説するコーナーもあり、文字だけではなく視覚でマレーシアについて学ぶことができる。
展示物の中には旧日本軍の軍刀もあり、各国に支配されてきた歴史を感じさせる。

KLセントラル駅から徒歩15分ほどで行くことができ、アクセスもしやすく入館料もリーズナブル。

見どころ

マレー伝統の住居

National Musium of Malaysia

マレーシア国立博物館でおススメな展示物は、マレー伝統の「高床式住居」だ。
マレー語では、「イスタナ・サトゥ」と呼ばれる。

暑さと湿気の多い気候なので、通気の良い高床式が選ばれてきたのだ。
床下で家畜を飼ったり、物置代わりに床下のスペースを使っていたこと、野生動物から身を守る生活をしていた昔のマレー人のことがイメージできる。
入り口入ってすぐの場所に展示されているので、見逃すことなく見学しておきたい。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産マラッカをより詳しく、効率的に散策するなら

  • マレーシアの古都マラッカを日本語ガイドと巡る

    名物ニョニャ料理と世界遺産マラッカ日帰り観光ツアー

    世界遺産にも登録されたマレーシアの古都マラッカを日本人ガイドと効率良く散策。ヨーロッパの影響を受けた独特の文化を詳しい説明と共に奥深く探訪する。地元名物ニョニャ料理や、マラッカ全体を見渡せるクルーズも人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • クアラルンプール旅行者の必読記事

    (Photo by Marufish Marufish)

    アクセス・入場

    マレーシア国立博物館へのアクセス

    Jabatan Muzium Malaysia, Perpustakaan Jabatan Muzium Malaysia Jalan Damansara 50566 Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア

    電車ERL-EX、ERL-TR、LRTクラナ・ジャヤ(Kelana Jaya)線、KTMコミューターのバトゥケーブス(Batu Caves)-ポートクラン(Pel Klang)線もしくはラワン(Rawang)-スレンバン(Seremban)線 KL Sentral駅から車で4分、徒歩15分

    プラン相談

    どんなクアラルンプール旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマレーシア旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    クアラルンプールのホテル
    海外での防犯対策グッズ