ブルーモスク(スルタンアフメト・モスク)の観光情報

ブルーモスク(スルタンアフメト・モスク)
Sultan Salahuddin Abdul Aziz Mosque (スルタン サラディン アブドゥル アジズ モスク)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Sultan Salahuddin Abdul Aziz Mosque Shah Alam Selangor マレーシア

KTMコミューターのバトゥケーブス(Batu Caves)-ポートクラン(Pel Klang)線 Shah Alam駅から車で9分

料金

無料

営業時間

10:00-12:00、14:00-16:00、17:00-18:30
土曜、日曜、祝日は17:00-18:30

休業日

金曜

HP

http://www.tourism.gov.my/en/es/places/states-of-malaysia/selangor/sultan-salahuddin-abdul-aziz-shah-mosque
日本語、マレー語、英語、中国語、イタリア語、インドネシア語、ドイツ語、ロシア語、トルコ語、アラビア語、スペイン語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

マレーシアが誇る最大のモスク


イスラム国家のマレーシアにあるモスクの中でも、一際目立っているのが「ブルーモスク」だ。
正式な名称は「スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク」。
青と白の格子模様が印象的な、マレーシア最大のモスクだ。
外から眺めると、ドームを囲む4つの尖塔の堂々とした姿を見ることができる。

中身の見学は無料で行なうことができ、白で統一された大回廊、青の大理石が敷き詰められたホールなどを見学することができる。
礼拝場所は、一度に25000人もの人が収容できる広さだ。

入り口の方では肌を隠すことができるように、ガウンとスカーフも貸してくれる。
エントランスには、ボランティアのガイドの方がいることもあるので、案内も楽しめる場合がある。

見どころ

そびえ立つ4本の尖塔


マレーシア最大のブルーモスク。
このスポットで人目を引くのが、高くそびえる「4本のミナレット(尖塔)」だ。

礼拝の時間を知らせるために、昔は塔の上まで人が上り声をかけていた。
今でもスピーカーが取り付けられ、礼拝の時間を呼びかける役割をしている。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産マラッカをより詳しく、効率的に散策するなら

  • 名物ニョニャ料理と世界遺産マラッカ日帰り観光ツアー

    世界遺産にも登録されたマレーシアの古都マラッカを日本人ガイドと効率良く散策。ヨーロッパの影響を受けた独特の文化を詳しい説明と共に奥深く探訪する。地元名物ニョニャ料理や、マラッカ全体を見渡せるクルーズも人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • クアラルンプール旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    ブルーモスク(スルタンアフメト・モスク)へのアクセス

    Sultan Salahuddin Abdul Aziz Mosque Shah Alam Selangor マレーシア

    KTMコミューターのバトゥケーブス(Batu Caves)-ポートクラン(Pel Klang)線 Shah Alam駅から車で9分

    人気記事

    クアラルンプールのホテル
    海外での防犯対策グッズ