スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)
Bangunan Sultan Abdul Samad (バングアン スルタン アブドゥル サマド)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Jalan Raja 50050 Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur マレーシア

LRTクラナ・ジャヤ(Kelana Jaya)線、アンパン(Ampang)線 Masjid Jamek駅から徒歩4分

料金

無料

営業時間

外観だけ見学可能

休業日

年中無休

HP

http://www.tourism.gov.my/en/us/places/states-of-malaysia/kuala-lumpur/sultan-abdul-samad-building
日本語、英語、マレー語、インドネシア語、中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、スペイン語、トルコ語、アラビア語

Sultan Abdul Samad Building
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

美しく可愛らしいレンガ造りの建造物

Sultan Abdul Samad Building

ムルデカ広場があるオールドタウンエリアにあるレンガ造りの可愛らしい建物。
歴史的建造物が立ち並ぶエリアの中でも、際立つ存在だ。

連邦事務局として使用されていたビルは、1897年に建築されたものである。
イギリス人建築家により、イスラム様式が混ざり合ったムーア様式で建設されている。
昼間に見ても美しい建物だが、夜にはライトアップされ、違った様子を楽しむことができるのでおススメだ。

今は最高裁判所として使われているので、内部の見学はすることができないことに注意しよう。

見どころ

美しくそびえ立つ時計塔

Sultan Abdul Samad Building

スルタン・アブドゥル・サマド・ビルの大きなみどころは、高さ40メートルにもなる「時計塔」だ。
イギリス支配時代の傑作と言われているレンガ造りの時計塔は、ムルデカ広場から望める美しい景観の大事なポイントになっている。

西洋風の時計塔には、イスラムのモスク風のデザインが混ざっており、マレーシア独特の雰囲気を醸し出している。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産マラッカをより詳しく、効率的に散策するなら

  • マレーシアの古都マラッカを日本語ガイドと巡る

    名物ニョニャ料理と世界遺産マラッカ日帰り観光ツアー

    世界遺産にも登録されたマレーシアの古都マラッカを日本人ガイドと効率良く散策。ヨーロッパの影響を受けた独特の文化を詳しい説明と共に奥深く探訪する。地元名物ニョニャ料理や、マラッカ全体を見渡せるクルーズも人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • クアラルンプール旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)へのアクセス

    Jalan Raja 50050 Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur マレーシア

    LRTクラナ・ジャヤ(Kelana Jaya)線、アンパン(Ampang)線 Masjid Jamek駅から徒歩4分

    プラン相談

    どんなクアラルンプール旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマレーシア旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    クアラルンプールのホテル
    海外での防犯対策グッズ