ソウルのバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

ソウルのバス

2018/04/19 更新

seoul bus
データガイド
プラン相談

データガイド

路線説明

多くの路線を持つソウルのバスは、ソウル市内のあらゆる通りを網羅しており、地元の人々にとって便利な交通手段となっている。路線数が多いので観光客にとって乗りこなすのは簡単ではないが、地下鉄が走行していない場所も運行している為、乗りこなす事ができれば心強い。道路にはバス専用のレーンがあり、渋滞さえしていなければ、地下鉄よりも早いのもポイントだ。

ソウルのバスは、長距離運行する幹線バス(青色)、近距離運行する支線バス(緑色)、ソウルと首都圏をつなぐ広域バス(赤色)、市内の主要エリアを循環する都心循環バス(黄色)等の種類がある。なかでも支線バスは、地下鉄と連結しているので乗換えにも便利だ。

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

バスの料金はバスの種類によって異なる。その都度現金で購入できる乗車券もあるが、外国人観光客は「T-money」と呼ばれるプリペイド式交通カードのみ使用可能である。

■T-money
一般的な交通カード。日本のSUICAやPASMOのように、料金をチャージしてワンタッチで改札を通る事ができる。
・幹線バス・支線バス:₩1200
・循環バス:₩1100
・広域バス:₩2300
・近距離バス:₩900

■M-Pass
外国人観光客用のプリペイド式交通カード。地下鉄・空港鉄道・仁川地下鉄等の首都圏の電鉄・市内バスが乗り放題になる。1日・2日・3日・5日・7日間用があり、1日最大20回乗換え可能だ。
・1日券:₩1万
・2日券:₩1万8000
・3日券:₩2万5500
・5日券:₩4万2500
・7日券:₩5万9500

■ソウルシティーパス
ソウルの地下鉄と市内バスを1日20回まで乗り放題の使い切り「T-money」カード。1日券・2日券・3日券の3種類。
・1日券:₩1万5000
・2日券:₩2万5000
・3日券:₩3万5000

乗車券の購入場所

■T-money:地下鉄・T-money加盟コンビニ・街頭販売店
■M-Passパス:仁川空港の韓国観光公社観光案内所
■ソウルシティーパス:ファミリーマート・ミニストップ・ソウル市内の観光案内所・韓国スマートカード本社

バスの乗り方

seo_bus

①意思表示する
目的地に向かうバスが到着したら、運転手に分かるように乗車する意思表示をする。バス停がほかのバスで混みあっている場合、少し離れたところに停車する事もあるので注意。

②乗車する
前のドアから乗車する。乗車したら乗車券(T-money)をカードリーダーに、「ピッ」と音がするまでかざす。ソウルのバスは運転が荒いため、車内はかなり揺れる。座席が空いている場合は座った方が安全だろう。空いていない時は、つり革や手すりをしっかり持って乗るように心がけたい。

降り方

seo_bus

バスの車内には、次の停車駅とその次の停車駅を知らせてくれる車内放送がある。車内放送は、韓国語と英語で流れる。
停車駅に近づいたらブザーを押して降りる準備をし、早めにドアに移動しておくと慌てないで済むだろう。降りるときは、後ろのドアからとなる。

その他注意点

バスから地下鉄に乗換える場合や、他の路線のバスに乗換える場合は、降りるときもカードをカードリーダーにかざす必要がある。カードリーダーに通さなければ、乗り換え時に再度料金が引き落とされることになる為注意。もし、乗換えるかどうか決まっていない場合でも、念の為にカードリーダーに通しておくとよいだろう。降りるときにカードリーダーを通すことで料金が加算されることはない。

編集部一押しの観光プラン

景福宮など人気6スポットを半日でしっかり満喫!

  • ソウルの代表的な観光スポットを一度に巡る贅沢なプラン

    【ソウル市内(午前)観光ツアー】 景福宮+守門将交代式+北村+仁寺洞+梨花壁画村+広蔵市場

    ソウルの主要な観光スポットを巡る大充実の人気プラン。景福宮や仁寺洞など人気6スポットを日本語ガイドの案内で効率良く、かつじっくり散策する。守門交代式も見学でき、広蔵市場では注文も手伝ってもらえて安全に満喫できる。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のソウル現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 バス利用のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、林梨絵さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    韓国担当
    林 梨絵
    提携パートナー
    ソウル市内のあらゆる場所に行ける便利な交通手段が「バス」。しかし、外国でバスに乗るのを少し不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで便利なのが、「T-money」というプリペイドの交通ICカード。料金をあらかじめチャージして使えるので、乗り降りも、料金の支払いも簡単!さらに思い切り観光を楽しみたい方には、「ディスカバーソウルパス」という、ソウルの主要な観光スポットに入場し放題のチケット(T-moneyの機能付き)がお勧めです!ソウルを満喫できるお得な1枚ですよ。

    ソウル旅行者の必読記事

    (Photo by byeangel Michael-kay Park gliuoo Doo Ho Kim)

    プラン相談

    どんなソウル旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「2万円以内でソウル旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ソウルのホテル
    海外での防犯対策グッズ