釜山のお土産ショッピング人気ランキング

ショッピング

21件

うまいもん通り

西面市場のすぐ近く 食べ歩きの名所

釜山で食べ歩きといえば、西面のうまいもん通り(うまいもん横丁)を外すことはできないだろう。 この通りには、端から端までずらりと屋台が並んでおり、屋台ならではのさまざまなB級フードを食べることが可能だ。

パダマウル

ビーチに隣接した屋台村

釜山といえば港町だ。 そんな釜山でグルメと言えば、やはり新鮮な魚介の食べ歩きは欠かせない。 海雲台ビーチに隣接しているパダマウルには、青い屋根の屋台がずらりと50軒ほど並んでおり、いずれの店でも新鮮魚介を堪能することができる。

Dried Seafood Market

乾魚物都売市場

古い日本家屋の並ぶ乾物市場

乾魚物都売市場は、観光地としても有名なチャガルチ市場のすぐ近くにある市場だ。 乾魚物専門の卸売市場となっており、約200の店舗が軒を連ねている。

西面市場

若者の街にある庶民の台所

西面は、日夜問わず人で溢れている釜山随一のショッピングスポットだ。地下鉄も複数の路線が走り、若者向けのショップやナイトクラブなども多い。そのど真ん中に「庶民の台所」というべき西面市場がある。 グルメの充実した市場なので、食べ歩きを旅行の楽しみとしている人にとっては絶好のスポットだ。ただし、一般的に市場での食べ歩きというと鮮魚や屋台料理などを想像する人も多いだ…

no image

草梁伝統市場

草梁駅のすぐそば 昔ながらの市場

草梁伝統市場は、こぢんまりとした地域密着型の市場だ。 食べ歩きの市場というよりは昔ながらの「庶民の台所」といった趣の市場であり、青果店や雑貨店のほかスーパーマーケットもあるのが面白い。

東菜市場

ディープな地元の市場

海外旅行へ行くと必ず市場を訪れるという人は少なくないだろう。 せっかく市場に行くからには、地元の人たちが日常で使っている市場を見てみたいものだ。 そんな人にぜひオススメしたいのが、東菜市場だ。

no image

民楽魚介類市場

地元プライスで刺身を堪能

LOTTE Department Store CENTUM CITY

ロッテ百貨店センタムシティ店

釜山一高級志向のロッテ百貨店

ロッテ百貨店といえば、韓国を代表する企業であるロッテグループの経営するデパートだ。 韓国全土に店舗を構えているが、釜山市内には全部で3つの店舗がある。 もともと老舗としての格式がある中でも最も高級志向を強く押し出しているのがセンタムシティ店となっている。

Hyundai Department Store Busan

現代百貨店釜山店

モダンクラシックなデパート

現代百貨店釜山店は、1995年に開店したデパートだ。 韓国を代表する企業である現代グループによって経営されており、高品質であることを売りにしている。

Shinsegae Centaumcity

新世界センタムシティ店

世界最大面積のハイクラスデパート

センタムシティは、21世紀に入ってから再開発によって生まれたラグジュアリーエリアだ。 周辺には高級志向のショップや施設が建ち並んでおり、新世界センタムシティ店もハイクラスなデパートとして2009年に誕生した。

1 2 3