ロンドンのハイド・パークの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ハイド・パーク
Hyde Park

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/07/slick_Hyde-Park-1080x721.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

ロンドン市内には8つの王立公園が存在している。市街中心部にあるハイド・パークはそのうちの1つで、最も知名度の高い公園だといえるだろう。緑あふれる憩いの場としての一面に加えて、さまざまなイベントが開催されることでもよく知られている。特に音楽ファンであれば、ローリング・ストーンズやクイーン、エリック・クラプトンといった大御所たちが演奏を行ってきた公園としてお馴染みのはずだ。

歴史

ハイド・パークの名前の由来は16世紀ごろ、最も初期につくられた部分の面積が1ハイド(60~120エーカー程度)だった事だといわれている。その後数百年の時を経るなかで公園は拡張されていき、現在の敷地面積は350エーカーとなった。

隣接しているため同じ公園だと考えられがちだが、西側にあるケンジントン・ガーデンズは厳密には別の公園なので注意したい。

チェック

ダイアナ妃記念噴水

Hyde Park

故ダイアナ妃を象徴的する優雅な噴水

ハイド・パーク園内でも特に見逃せないスポットといえば、故ダイアナ妃のために作られた「ダイアナ妃記念噴水」だ。噴水というと勢いよく上空へ噴き上がるものを想像してしまうが、こちらは従来の噴水の概念を根底から覆すような、優雅でおだやかな噴水だ。

せせらぎのように緩やかに流れる水はダイアナ妃の人生を表しているといわれ、彼女がいかにロンドン市民から愛されていたかがよくわかるデザインとなっている。2004年に誕生したまだ新しいモニュメントなのだが、すっかり公園内に馴染んでいる。

ロンドン旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
ザ ゴーリングの中庭
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク