リバティでのお土産情報、行き方、営業時間

リバティ
Liberty

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_Liberty-1080x1440.jpg

概要

チューダー朝建築が印象的な老舗デパート

リバティは1875年、創業者のアーサー・ラセンビィ・リバティが日本や東洋から、装飾品や織物、工芸品などを販売する店として開業した。

リバティの特徴的な外観の建物はロンドンで最も代表的なチューダー・リバイバル様式の建築物で、イギリスの第2種指定建造物に指定されているため、歴史建築としても訪れる価値がある。
一歩店内に入ると、大きな吹き抜け、木製バルコニー、螺旋階段と内装もチューダー調様式に装飾されているのが特徴的だ。ガラスの天井から差し込む光が店内を明るくし、建物の内装を眺めているだけでも楽しくなってくる。

販売されているものは、布製品が多く、リバティ・プリントと呼ばれる美しい花柄の布地、洋服、小物、雑貨、インテリア用品からカーペットなどの生活用品まで、取り扱っている商品の種類は多岐にわたる。
人気のリバティ・プリントの商品は、洋服や布地だけでなく、ブランケット、ハンカチ、ティータオル、ポーチなどの小物も販売されているので、お土産として購入しても喜ばれるはずだ。

ロンドン旅行者の必読記事

(Photo by Elliott Brown)

人気記事

外貨両替窓口
ザ ゴーリングの中庭
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク