スポンサーリンク

ランベス界隈

特集

london

【イギリス】ロンドンのお勧め定番観光スポット10選

初めてロンドンに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

ザ ゴーリングの中庭

【ロンドンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるロンドンだが、一つエリアが変わるとスラム街などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にしてロンドンの夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくのロンドン旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

ベルカントレストランでは食事とともにオペラも楽しめる

ロンドンのお勧めレストラン予約【日本語で予約】

ロンドンには世界中の美食が集まり、高い評価を受けるレストランが軒を連ねている。ただ、旅行者として訪れたときは、知識や言語の問題で、本当に素晴らしいレストランには行きづらいのが現実。そこで、HowTravelはロンドンに行ったら絶対に訪れたいおすすめレストランを厳選した。いずれも日本語での予約が可能。行きたいレストランを見つけて事前予約していこう。

london food

ロンドンで食べられるイギリスの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ロンドンで料理の話をすると、おいしいものがない、グルメ不毛の土地などと不名誉なことをいう人が多い。しかし、世界中から人が集まり、経済や産業の中心であるロンドンは、多国籍料理が豊富でグルメな人も満足できるレストランが多く存在する。そして近年はロンドンの食文化は劇的に変化しており、以前に比べてグルメ熱は上昇傾向にあるとのこと。ロンドンは食の楽しみがないなんて思わずに、グルメの旅に出かけてはいかがだろうか。

London-plan

ロンドン旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ここでは5泊7日のロンドン旅行を計画するときの予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性を重視した「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始のなど混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わる。 滞在期間がイースターやクリスマスなどイギリスの祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地の休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。有料観光地の入場料は高めだが、入場無料の美術館や博物館も多い。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで飛行機に乗ろう

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

nishino-kana-london

西野カナが訪れたロンドン観光スポット【イギリス】

西野カナさんのロンドン旅行をご紹介。ひとり旅ですが、精力的に観光スポットを回っていて充実しています。女性の旅の参考になりそう。 彼女の訪れたロンドン観光スポットを参考にして、あなたもロンドンを満喫してみてはいかがでしょうか。

ランベス界隈

9件

London Eye

1

ロンドン・アイ

英国一の大観覧車

ロンドンの名所のひとつであるロンドン・アイは、英国一のスケールを誇る大観覧車である。客を乗せるカプセルの数は32個で、ひとつのカプセルに25人も乗ることができるのは驚きである。ロンドンを360度見渡せる絶景が魅力で、天気の良い日には40キロも遠くまで見渡せる。 また、ロンドン・アイはサウスバンクというロンドンでも人気の高観光エリアに含まれている。周辺には、ビッグベン、ロンドン水族館、セントポール大聖堂などの人気スポットが集まっているので、名所巡りの拠点としてもお勧めだ。

National Theatre of Great Britain

2

ナショナル・シアター

ロンドン中心部にある国立劇場

ナショナル・シアターはロンドンのサウスバンク地区にある劇場で、その名のとおり国立の劇場だ。 日本では「英国国立劇場」と呼ばれることもあるほか、現地では「NT」の略称でも呼ばれる。

Imperial War Museum

3

帝国戦争博物館

軍事史を伝える博物館

1936年にもともと精神病院だった場所が改装されて開館したのが「帝国戦争博物館」である。 地下1階から5階で構成され、英国の戦争の歴史を学ぶための展示物がたくさんある。 戦争について学ぶために、学生や家族連れが訪れている。

スポンサーリンク

Royal Festival Hall

4

ロイヤル・フェスティバル・ホール

一流のクラッシクコンサートを奏でるホール

ヨーロッパでは最大と言われる芸術施設、サウスバンクセンター。 センター内にあるクラシックコンサートホールが「ロイヤル・フェスティバル・ホール」だ。 ロンドンでは、日本に比べクラシックコンサートが気軽に楽しめるが、同ホールでも毎晩クラシック音楽が奏でられている。

Ministry of Sound

ミニストリー・オブ・サウンド

国際的に有名なロンドンの巨大なクラブ

毎晩国際的なアーティストが演出する、ロンドンの世界的に有名なクラブが「ミニストリー・オブ・サウンド」である。 当時世界的に有名なクラブだった、ニューヨークのパラダイス・ガレージを夢みて、1992年にオープンしたのが始まり。

Hayward Gallery

ヘイワード・ギャラリー

サウスバンク地区にある現代アート美術館

1968年にサウスバンク・アートセンターの一部として開館した、テムズ川沿いにある小さな現代アート美術館が、「ヘイワード・ギャラリー」だ。 常設的な展示はなく、特別展やイベントを中心に運営されているのは、ヘイワード・ギャラリーの特徴だ。

Florence Nightingale Museum

フローレンス・ナイチンゲール博物館

ナイチンゲールの献身的な偉業を伝える博物館

献身的な看護で有名なナイチンゲールの偉業を後世に伝えるのが、フローレンス・ナイチンゲール博物館だ。 ナイチンゲールが初めて看護訓練学校を設立した場所であるロンドンの聖トーマス病院の敷地内に建てられている。

スポンサーリンク

BFI Southbank

BFIサウスバンク

映画を最大限に楽しめる商業施設

1933年に創立されたBFIサウスバンク(旧National Film Theatre)には四つのスクリーンシアターが完備されており、懐かしの映画から現代の映画まで各年に2000本以上の映画を上映している。 また、ルーベン図書館、国立資料館があり、文化、映画産業の発展を目的としている。

Garden Museum

庭園史博物館

再現された17世紀の美しい庭園

17世紀のノットガーデン(装飾庭園)が美しく再現されているのが、「庭園史博物館」である。 同博物館は、14世紀に建てられた教会を改装して開館。 チャールズ1世の庭師だったトラデスカント氏のコレクションをもとに作られた博物館だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク