スポンサーリンク

ゴルナーグラートの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ゴルナーグラート
Gornergrat

2017/05/05 更新

Gornergrat

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

Gornergrat

ゴルナーグラートは、ツェルマットの南東に位置する3000メートル級の尾根と、その周辺地域一帯の名称だ。また、一般的にはその尾根に設置されている展望台の事を呼ぶ場合も多いだろう。スイス最高峰であるマッターホルンの山麓にあるツェルマットは、ダイナミックな自然の美しさを感じられる土地。ゴルナーグラートの展望台は、そんなツェルマット周辺でも随一の絶景ポイントとなっている。

見どころ

ゴルナーグラートまではツェルマットから鉄道一本で行く事ができる。なんとその標高差は約1600メートル。つまり、ゴルナーグラートからはツェルマットやその周囲の山々を一望する事ができるというわけだ。季節によって顔色を変える壮大な景色は、何度訪れても楽しめる事だろう。

チェック

①ゴルナー氷河

Gornergrat

自然が生み出した圧倒的な芸術

ゴルナーグラートの最大の魅力は、やはり冬季の眺望だろう。一面真っ白に染まったダイナミックな自然の景色はそれだけでも見事だが、特に必見なのは、眼下に広がるゴルナー氷河だ。

スイス国内で2番目の大きさを誇るゴルナー氷河は、迫力と美しさを兼ね備えた氷河となっている。緩やかなカーブを描きながら雪山の間隙を縫って走る氷河は、まさに自然が生んだ芸術といえる。よく晴れた日であれば、マッターホルンの東壁との見事なコントラストを拝めるだろう。

スポンサーリンク

②逆さマッターホルン

Gornergrat

リッフェル湖随一のフォトスポット

春から秋にかけてのゴルナーグラートにも、それはそれで別の魅力がある。この季節はハイキングを楽しむ事ができるのだ。どの方角を見ても美しい景色に囲まれているので、疲れを忘れてゆったりと山歩きを楽しむ事ができるだろう。

特にお勧めのビュースポットは、リッフェル湖周辺だ。こちらでは、天気が良ければガイドブック等でよく紹介されている「逆さマッターホルン」を堪能する事ができる。足腰にあまり自信がないという人も、登山鉄道の駅が途中にあるので、「疲れたらいつでも電車に乗ればいい」という気楽な気持ちで行くと良いのではないだろうか。

スイスの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク