スポンサーリンク

宗教改革記念碑の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

宗教改革記念碑
Monument de la Reormation

2016/08/04 更新

Monument de la Reormation

概要

宗教改革の功労者たちを讃えるモニュメント

Monument de la Reormation

ヨーロッパにおける16世紀は、宗教改革運動の時代だった。そんな改革運動の主要人物たちを讃えるべく、1917年にバスチヨン公園内に設置されたのが、この宗教改革記念碑だ。

宗教改革期、ヨーロッパ全土は大混乱に見舞われていた。
そんな中にあってジュネーブは、改革の先駆的な役割を果たしていたことで知られる。
そのためプロテスタントに対する迫害もなく、多くのプロテスタントが国外からこの地へ亡命してきたのだった。
ジュネーブの存在なくして宗教改革の成功はなかったといっても過言ではないだろう。

記念碑には4人の人物が刻まれている。
宗教改革の父ことジャン・カルヴァンとその弟子であるテオドール・ド・ベーズ、ジュネーブにおける宗教改革の先駆者ギヨーム・ファレル、そしてスコットランドにおける宗教改革の祖ジョン・ノックスだ。

ヨーロッパ史や宗教史に興味のある人はもちろん必見だが、彫像としても非常に気高く美しい佇まいをしているので、公園で休憩がてら眺めてみるのもよいだろう。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ