グラナダの気候と時差と気温と降水量

グラナダの気候と時差

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_climate_image.jpg
  • データガイド

ポイント

climate_granada

気候

グラナダの気候の特徴はその温暖差だ。

夏場ともなると、日中は40度近くまで気温が上がる。
一方、朝晩は15度前後まで気温が下がるなど、東京の最高気温と最低気温をどちらも超えている。

日中も暑いとはいえ、湿度が少ないために、日陰に入れば涼しさを感じることができるので過ごしやすさすら感じられる。

朝晩は一年を通して冷え込むので、防寒具を持って行くようにしよう。

時差

スペインは中央ヨーロッパ時間(CET)に属しており、日本との時差は-8時間。
つまり、日本が正午の時はスペインでは午前4:00となる。

ただし、サマータイム期間は時差が-7時間になるため注意が必要だ。
サマータイム適用期間は、3月の最終日曜午前2:00から10月の最終日曜午前3:00まで。

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク