スポンサーリンク

ロベルト博士のモニュメントの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ロベルト博士のモニュメント
Monument al Doctor Robert

2017/05/05 更新

Monument al Doctor Robert

概要

3人の偉大な芸術家による偉人のモニュメント

ロベルト博士のモニュメントは、市街地の交差点に設けられたテトゥアン広場の中にある、1910年頃に完成したといわれている彫刻だ。
かつては別の広場に置かれていたのだが、地下鉄工事のために一時撤去され、1988年から現在の場所に移設されている。

モチーフになっているロベルト博士というは、19世紀にバルセロナ市長を務め、国会議員にもなり、さらにはコレラ対策に尽力した優秀な医師でもあったバルト・ロベルト博士のこと。
地元の名士であった彼の功績を讃えるため、市民からの寄付金でこのモニュメントが作られる運びとなった。

注目したいのは、このひとつのモニュメントのために何人もの有名芸術家が関わっているという点だ。
まず、このモニュメント建立の設計をしたのは有名建築家ドメネク・イ・モンタネールだった。
そして、それを引き継いで彫刻部分の多くを手がけたのが彫刻家のリモーナ・イ・ブルグエラだ。
さらに、公式には名前が出ていないのだが、リモーナの友人であったガウディも関わったとされている。

三者三様のスタイルが融合したこのモニュメントは、バルセロナ美術の結晶のひとつといえる。

バルセロナの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク