スポンサーリンク

ベリェスグアルド (フィゲーラス邸)の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ベリェスグアルド (フィゲーラス邸)
Bellesguard

2017/05/05 更新

Bellesguard
Bellesguard
Bellesguard
Bellesguard

概要

屋上からの展望も楽しめるガウディ建築

フィゲーラス邸は、バルセロナを代表する建築家であるガウディが、彼の大ファンであったフィゲーラス未亡人のために建築した建物だ。
現地では「Bellesguard」の名で親しまれており、これはカタルーニャ語で「美しい眺め」という意味になる。
これは、屋上から市内を360°一望できることからつけられた名前だ。

この建物の特徴は、ガウディが手がけた建築物だとは思えないほど地味な点だろう。
着手時期や建物の性質などによっては、たしかにほかにもあまり目立たない作品もあるのだが、こちらは地味さでは突出している。
というのも、ここはもともと宮廷の跡地だったからで、歴史ある土地ということであまり派手なものは好まれなかったためだ。

しかし、土色の建物の隅々にはやはりガウディらしい細かな配慮が見てとれるので、じっくり観察すれば彼特有のセンスを感じ取れるはずだ。

以前は外観を眺めることしかできなかったが、2013年からは邸内も公開されるようになった。
内部は外とは打って変わってカラフルなステンドグラスや曲線を活かした骨のようなアーチなどがあしらわれているので、そのギャップも楽しみたい。

バルセロナの危険対策


(Photo by OK Apartment Catalan Art & Architecture Gallery (Josep Bracons))

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク