スポンサーリンク

ベネチアの名物料理10選!お勧めグルメ旅

venice food

2017/05/05 更新

100以上の島々が橋で繋がれた水の都ベネチアは、世界遺産にも登録され、その美しい街並みと歴史的建造物、運河に魅了された人々でいつも賑わいを見せている。世界中から観光客が集まり、厳選された食が楽しめるベネチアは、価格設定が少々高め。ガイドブック片手に有名レストランを巡るもよし、ローカルに馴染みのカジュアルレストランを探すもよし、いずれにしてもベネチアらしい雰囲気の中味わうイタリアンは絶品であろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サルデインサオール(Sarde in saor)

  • venice food

    イワシのフライと玉ねぎを酢に漬けたもので、日本風に言うと、イワシの南蛮漬け。港町であり、古くから漁業が盛んであるベネチアらしい伝統料理である。レシピ自体はシンプルだが、いわゆる家庭料理と同じように、それぞれ味付けや調理方法にこだわりがある。白ワインやレーズンを入れたり、玉ねぎの炒め具合などレストランによっても違うので、食べ比べても楽しい。

  • イカ墨スパゲッティ(Spaghettialle seppie nere)

  • venice food

    日本でもおなじみのイカ墨スパゲッティ(スパゲッティ・アッレ・セッピエ・ネーレ)。ベネチアの代表的な料理の一つで、日本で食べるものよりシンプルな味付けになっている。イカ墨の黒さが特徴的で、唐辛子のピリッとした辛さに少しトマト風味でマイルドで、濃厚な味付けが好きな人には物足りないくらい。柔らかく茹でたイカの切り身が入っている。ローカルにも広く親しまれており、みんな口の周りや歯を真っ黒にして食べているので、食べた後のチェックは念入りに。

  • イカ墨リゾット( Risotto alle seppie nere)

  • venice food

    イカ墨スパゲッティのリゾット版。味付けなどは同じで、こちらもベネチアの代表的な料理。リゾットのお米は少し芯が残るくらいの硬さが好まれ、最後にバターでまろやかに仕上げるのがポイント。磯の香りが風味豊かで食欲をそそる一品。具材はイカのほか、エビや酢漬けした魚を使うこともある。

  • パスタ・エ・ファジョーリ(Pasta e fagioli)

  • venice food

    イタリアでは広く伝統的な家庭料理として親しまれている、パスタ・エ・ファジョーリ(Pasta e fagioli)は、ベネチアを有するヴェネト州が発祥と言われている。使用する豆も、ベネチアではあずきのような赤い豆が使われており、パスタはショートパスタ、スープの色は赤い。地域または家庭によってかなりの差があり、パスタの種類も家庭で余ったものを種類問わずごちゃ混ぜに入れることもあるよう。

  • スパゲッティ・コン・スカンピ(Spaghetti con scampi )

  • venice food

    手長エビを使った、港町ベネチアらしい魚介系のスパゲッティ。味付けはレストランによって異なり、トマトベースのものやズッキーニなどの野菜を合わせたオイルベースのものまで様々。手長エビ(スカンピ)は半分に開き、炭火で焼くことで、香ばしい香りが食欲を引き立てエビ自体も甘さが増す。エビの殻を使って華やかな盛り付けをするお店もあるので、要チェック。

  • スポンサーリンク

    スパゲッティ・ボンゴレ(Spaghetti Vongole)

  • venice food

    日本でもおなじみのあさりを使ったスパゲッティ。トマトベースの赤いロッソ(Rosso)とオイルベースの白いビアンコ(Bianco)がある。どちらも大振りのあさりをふんだんに使った、港町ならではの料理で、あさりの出汁と身がアルデンテに茹でたスパゲッティと絶妙なバランスで絡み合い、鼻に抜けるアドリア海の香りを味わえる絶品。ロッソはミニトマトがアクセントとなり、フレッシュでさわやかな味に変化してこれも絶品。

  • セッピエ・ネーレ・コン・ポレンタ(Seppie nere con polenta)

  • venice food

    イカ墨を煮たものにポレンタを添えた料理。イカ墨料理と言えば、スパゲッティやリゾットが有名だが、このセッピエ・ネーレ・コン・ポレンタ(Seppie nere con polenta)が正統派の伝統的なベネチア料理。ポレンタとは、とうもろこしの粉を湯や出汁で溶きながら、ピューレ上になるように煮込んだもののことで、塩コショウやチーズ、オリーブオイルで味付けされている。

  • フェガト・アッラ・ベネチアーナ(Fegato alla veneziana)

  • venice food

    港町であり、魚介類を使った料理が多いベネチアにあって唯一、肉を使った伝統料理。日本では馴染みがないが、ローカルのレストランに行けば必ずある定番料理。子牛のレバー(フェガト)と玉ねぎをバターで炒め、塩コショウで味を調えた後、ワインで煮込むのが一般的。付け合わせにはポレンタが添えられることが多い。臭みはほとんどないが、レバー独特の触感が特徴的。

  • スグロッピーノ(Sgroppino)

  • venice food

    通称ソルベット(sorbetto)とも呼ばれる、レモン味のスムージー。ヴェネト州ならではの食後のデザートで、レモンのアイスクリーム(シャーベット)にヴェネトで有名なワイン、プロセッコやウォッカなどを混ぜてシェイクする。さっぱりした味わいは、暑い夏にはぴったり。レモンのほかイチゴやコーヒーのフレーバーもあるので、合わせて試してみるのも楽しい。

  • ビスコッティ・ベネチアーニ・エ・ヴィン・サント(Biscotti veneziani e vin santo)

  • venice food

    イタリアでは食後にヴィン・サントと言われる、濃厚で甘いデザートワインを楽しむ習慣があり、ビスコッティ(ビスケット)を浸して食べるのが一般的。このビスコッティは浸して食べることを目的とした、噛みごたえのあるもの、そのまま食べるには日本人には硬すぎるかもしれない。ベネチアのや美しい景色を見ながら、ゆったりと食後の時間を過ごすにはぴったりのデザートである。

  • ベネチアの名物料理を現地で楽しもう!

    本場の味は現地でしか楽しめないので、是非ベネチアを訪れて絶品イタリアンを堪能して貰いたい。まずはベネチア旅行にどれくらいの予算が必要なのかをチェックしよう。ホテルや飛行機の価格は基本的に日付が近付くほど高くなるので、とりあえず予約をしておいて、行かないと決めた場合には無料キャンセル期間中にキャンセルするというのが頭の良い方法だ。

    ツアーの費用をみる

  • ツアーを選ぶならJTBは外せない

    初めて海外に行くような場合や、大事な人や家族との旅行でお勧めなのがJTBだ。言うまでもなく日本最大手の旅行会社で、費用は他の旅行会社に比べてやや高い一方、プランのクオリティーや世界中にデスクがある安心感は抜群だ。

    出発日の30日より前であれば基本的にキャンセル料が取られないので、とりあえず予約しておくことも可能だ(繁忙期は40日より前)。

    ツアー費用の確認はこちら

  • 個人旅行の費用をみる

  • 飛行機:屈指の格安航空券サイトDeNA

    DeNAトラベルは、あの横浜DeNAベイスターズでお馴染みの大手IT企業が運営する航空券予約サイトで、格安で飛行機を予約することができる。もちろん上記JTBのウェブサイトからも航空券を探せるので、DeNAトラベルとJTBの飛行機価格を比較しながら探しても良いだろう。

    飛行機のキャンセル代は航空券によるので一概には言えないが、取消料などが引かれる場合が多い。とは言え、繁忙期は直前になればなるほど値段があがるので、事前に予約しておくとお得。

    飛行機費用の確認はこちら



  • Booking.com

    ホテル:世界最大手のBooking.comで最安値確認

    全く同じホテルでも検索サイトによって値段は異なってくる。HowTravelがお勧めするのは、世界最大のホテル予約サイトであるBooking.comで、最安値保証をしているため確実に一番安い値段を見つけることができる(万が一他の方が安い場合は差額が返金される)。

    Booking.comのキャンセル規定はホテルによって異なるが、基本的には宿泊直前までキャンセル料無料というものが多い。ホテルの費用は非常に変動が激しいため、良いホテルを見つけたらとりあえず予約しておこう。

    ホテル費用の確認はこちら

  • (Photo by Dèsirèe Tonus Micaela & Massimo Micaela & Massimo Jessica Merz 46137 Prawee Nonthapun andrea castelli Xaura Marina Perotta paPisc)

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド

    スポンサーリンク