スポンサーリンク

ローマのメトロ(地下鉄)の料金、乗り方 、路線図、注意点

ローマのメトロ(地下鉄)

2016/08/04 更新

metro
  • データガイド

スポンサーリンク

路線説明

ローマのメトロは2つの路線(A線・B線)が走っており、とてもわかりやすく利用しやすい。
2つの路線が交差する駅「Termini」という大きな駅を中心に、東西南北に走っている。
Termini駅からは、フィレンツェやナポリなどに行く際に乗車する新幹線も、こちらの駅から出ている。
他の主要都市に訪れるなら、Termini駅は降りる駅となるだろう。

ローマのメトロ・バス・トラムはATACが運営している。
ATACのWEBサイトでは、目的地に合わせての乗り換え案内や、所要時間などを検索できるようになっており、便利である。

メトロの乗車券は、有効時間や使用回数で種類や料金が異なる。
観光する時間や日数などに合わせて、乗車券を選ぶと良いだろう。

またローマのメトロには、時刻表はない。
運行時間は、日曜-木曜は5:30-23:30、金曜-土曜は5:30-1:30。
平日は5分おき、休日は7分おきに運行とされている。

路線図HP
http://www.atac.roma.it/page.asp?p=18

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■BIT
1回券。刻印から100分間有効で€1.5。
メトロは1回のみ利用可能(ただし、Termini駅でのA線とB線の乗り換えは可能)
バス・トラムは時間内であれば乗り換え可能。

■BIG
1日券。刻印から24時間有効で€6。
24時間以内なら、メトロ・バス・トラムが乗り放題。

■BTI
刻印から72時間有効で€18。
72時間以内なら、メトロ・バス・トラムが乗り放題。

■7日券CIS
刻印日から7日目の24時まで利用可能で€24。
期間中、メトロ・バス・トラムが乗り放題。

乗車券の購入場所

■自動券売機、たばこ屋
■駅の窓口
■「TICKET BUS 、TRAIN、METRO」と書かれた看板がある露店
■バスの車内(販売していないバスもあり)

購入方法

rom_metro

①画面上に書かれている国旗から、言語を選択する。
②乗車券の種類と枚数を選ぶ。
③料金を入れる
④乗車券が出てくる。
※お札も使用可能だが、出てくるつり銭に限りがあるため、事前にコインを用意しておいた方がよい

メトロの乗り方

rom_metro

乗車券を購入したら、改札に向かう。
自動改札口に乗車券を入れれば、自動で刻印される。
改札を出るとホームへ向かうが、ローマのメトロは、通路や階段の踊り場などに、わかりやすく乗り場の表示がされている。
A線かB線か矢印にしたがって進むと、ホームに到着。
A線とB線の二つしかないのでわかりやすいが、進行方向だけ間違わないように行き先を確認する。

メトロの降り方

rom_metro

目的地に着いたらいよいよ下車だ。
メトロを降りたら、出口を表す「uscita」に向かう。表示通りに進むと到着するだろう。
降りるときは改札を通らずにでることができる。

A線にある観光地の駅は、ヴァチカンがあるOttaviano、スペイン広場があるSpagna、トレビの泉のBarberiniなど。
B線にある観光地の駅は、コロッセロのあるColosseoなどがある。

その他注意点

■スリに注意
ローマのメトロの車内は、日本と異なり暗いイメージがある。
車内には観光客を狙ったスリが多いため、鞄や貴重品には十分気をつける必要がある。
とくに混みあった車内は狙われやすいため、1本見送るか、空いている可能性が高い一番前か後ろの車両に乗る。
ドアの前には立たずに座席が空いていれば、座った方が安全だ。

■案内は金銭要求
駅で掲示板などを見ていると、「案内をしてあげる」と言って近づいてくるイタリア人がいる。
親切に教えてくれると思っていたら、案内後に金銭を要求してくるということがある。
たとえ親切に話しかけられても、無視することが大切だ。

■売店をうまく利用する
メトロには売店がある駅が多く、水やお菓子など購入するのに便利だ。
観光地にはなかなか買えるところがなかったり、料金も高いため売店で買っておくことをおすすめする。

(Photo by Wikibob)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ