スポンサーリンク

プラートの市立美術館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

プラートの市立美術館
Museo di Palazzo Pretorio

2016/08/04 更新

Museo di Palazzo Pretorio

概要

2013年に再オープンした宮殿美術館

13世紀の赤煉瓦の建物の内部にある市立美術館。
かつて市庁舎として使用されていたプレトリオ宮殿という建物の中にあり、プレトリオ宮美術館とも呼ばれる。
1998年から閉鎖していたこのプラート市立美術館は2013年に一般公開が再開した。
中世から19世紀に及ぶ約3000点の美術コレクションを収蔵している。
ベルナルド・ダッディ、ジョヴァンニ・ダ・ミラノ、ドナッテロ、アレッサンドロ・アッローリ、フィリッポ・リッピとその息子フィリッピーノのリッピ親子の作品が充実している
展示の仕方が近代的で、作品だけでなくディプレイも楽しめる。

これらの美術コレクションの起源は1778年に溯り、聖人ローマ皇帝レオポルト2世のプラートに美術スクールをつくろうとしたことから始まった。
1858年に集まったコレクションはこのプレトリオ宮殿近くに位置していた市立美術館に集められた。

ブレトリオ宮殿取壊し計画をきっかけに、1912年から市立美術館のコレクションが宮殿に移転され、新市立美術館(ⅡMuseo Civic)となった。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット