スポンサーリンク

フィレンツェのバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

フィレンツェのバス

2017/01/06 更新

bus
  • データガイド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

路線説明

フィレンツェには、メトロやトラムが走っていないため、主な交通手段はバスか徒歩である。
フィレンツェのバスは、市営バスのATAFが運行しており、市内の路線を張り巡らせている。
バスの路線は、中心街や駅を通るためとても便利だ。
オレンジ色を基調としたバスは、環境に配慮した低公害バスもあり、地元の人々や観光客に親しまれている。

市内路線バスは、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅、ウニタ広場、サン・マルコ広場から、ほとんどのバスが出ている。

バスの乗車券は、時間制の1回券から回数券まである。
バスの車内でも購入可能だが、割高となるため事前に購入しておいたほうが良いだろう。

路線図HP
http://www.ataf.net/it/ataf.aspx?idC=2&LN=it-IT

乗車券の種類

乗車券の種類と料金


■通常券
・90分券:1回券。€1.2
・90分券:2回券。€2.4
・90分券車内購入:€2.0
・24時間券:€5
・3日券:€12.0
・4回券(90分有効券が4回分):€4.7

■回数券
・Carta Agile10:90分が10回分の回数券。€10
・Carta Agile20:90分が21回分の回数券。€20
・Carta Agile30:90分が35回分の回数券。€30
       

乗車券の購入場所

■駅のATAF窓口
■ニューススタンド
■バール
■タバッキ(イタリアのコンビニのようなもの)
■ATAFの表示がある商店

購入方法

駅の窓口で申込用紙を記載し、カードの種類を選んで購入。
急いでいるときなど、取扱いのあるコンビニでも購入できるが、申込用紙に記入しパスワードを登録しておくと、紛失した際に、新しいカードを発行してもらえるのだ。
オンラインショップでも購入可能である。

バスの乗り方


バス停に到着したら、いくつかの路線があるため、乗車するバスの行き先・番号を確認する。
バスが到着したら、手を挙げて乗ることを意思表示する。
しなければ素通りしてしまうことがある。

乗車したら車内にある刻印機でスタンプを押す。
刻印機の下に黒い挿入口があるので、そこに入れて打刻する。
回数券は、タイム・レコーダーに読み取る部分があるので、そこにチケットをかざす。
刻印するのを忘れると、抜き打ちで検札管が来た場合、罰金を取られるので注意だ。

バスの降り方

バスの車内には、行き先を表示する画面がついているバスもある。
現在走っているバス停名や、そのバス停周辺の観光地などの情報が書かれている。
しかし、すべてのバスに設置されているわけではなく、実際のバス停と表示されているバス停が異なることもある。
また、日本のように車内アナウンスはないため、地図や路線図で確認した方がよい。

その他注意点

■スリに注意
バスの車内はスリが多いので注意が必要である。
特に観光客や外国人はターゲットになりやすいため、要注意だ。
手荷物や鞄は体の前で抱えるように持ち、ファスナーを開けられないように、手で押さえておくと良いだろう。

■真ん中より前に座る
路線によっては治安が悪いところもあり、移民や低所得者が乗ってくることも多く、車内でもめ事が起きることがある。
もめ事が起きる場合、運転手の目が行き届かないところで起きやすいので、乗車するときは、真ん中より前の座席に座るほうがよい。

フィレンツェのバスの危険対策


(Photo by Martin Hawlisch (LosHawlos))

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク