旧ナショナルギャラリーの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

旧ナショナルギャラリー
Alte Nationalgalerie

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_Alte-Nationalgalerie-1080x717.jpg

概要

世界遺産、博物館島唯一の美術館で19世紀の絵画の間を歩く

Alte Nationalgalerie

ドイツ画家とフランス印象派の絵画が多く貯蔵される旧ナショナルギャラリーは、博物館島を彩る芸術群のひとつ。
博物館島の中で唯一の美術館だ。

1867年-1876年の間にアウグスト・シュテーラーの設計により建築されたこの建物は19世紀の芸術の多くを内包する。
格式高いエントランスから、近代調の展示室など歩くごとに雰囲気が移り変わっていく。

特にフランス革命から第一次世界大戦までのコレクションが充実している。
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ、アーノルド・ベックリン、オーギュスト・ルノワールなどの画家に興味のある方は是非訪れて欲しい。

美術館はとても広大で、全体を見て回ると2時間以上はかかるだろう。
入り口付近に小さなコインロッカーもあるので、ゆっくり鑑賞したい。

ベルリン旅行者の必読記事

人気記事

ベルリンのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク