スポンサーリンク

ベルリン旅行5泊7日の予算とモデルプラン

Berlin plan

2016/08/30 更新

ここでは5泊7日のベルリン旅行の予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性重視の「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始など混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わってくる。 滞在期間がイースター休暇やクリスマスなどドイツの祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地などの休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。

スポンサーリンク

最低予算約120,000円のモデルプラン

  • Berlin plan

    "飛行機代70,000円-100,000円

    日本-ベルリン間は直行便がないためフライトはローマ、アムステルダム、アブダビなどを経由する乗継便になる。安さが魅力の乗継便だが、直前になると高額になる場合もあるので、日程が決まったら早めに予約をしておきたい。時期により60,000円台のフライトが見つかることも。通常行きは同日着だが、出発時間や乗継時間の関係で到着が翌日になる場合は、ホテルのチェックイン日に注意しよう。
    ※長期休暇シーズンには、飛行機代はオフシーズンの2倍程度になる。

    "ホテル代15,000円-30,000円

    ベルリンには中心部に近いところにも1泊3,000円-6,000円の低価格ホテルがある。少し離れるところでも、トラムUバーンの駅から遠くなければそれほど不便は感じない。
    エクスペディアでホテルを検索後、「宿泊施設タイプ」で「ホテル」を選択して絞り込み、「料金順」に並べ替えてみよう。その日程で予約可能なホテルを、最安値のものから順に見ていくことができる。
    ※長期休暇シーズンには、低価格ホテルの宿泊費はオフシーズンの2.5倍程度になる。
    エクスペディアのWebサイトはこちらをクリック

    "飲食代25,000円-40,000円

    飲食代を節約したい場合はカフェやマーケットのほか、「カリーヴルスト (Currywurst)」やホットドッグ、ケバブのスタンドが強い味方。3食外食となると1日5,000円は見ておきたい。「パピレス」や、「フラミンゴ フレッシュ フード バー」は安くおいしいものが食べられて人気がある。
    ディナータイムより価格設定もお手頃なランチタイムにレストランで食事をして、夜は軽めにするのも1つのアイディア。

  • 平均的予算約220,000のモデルプラン

  • Berlin plan

    "飛行機代90,000円-120,000円

    到着した初日からめいっぱいベルリンを満喫したいなら、出発/到着時間に無理がなく、なるべく乗継時間の短いフライトを利用したい。料金は高めになることもあるが、時間を有効に使えるのが魅力。直前になるとオフシーズンでも高額になることがあるので、2-3か月前には予約を済ませておこう。※長期休暇シーズンには、飛行機代はオフシーズンの2倍程度になる。

    "ホテル代40,000円-60,000円

    主要観光地へのアクセスが良い中心部の三つ星/四つ星ホテルは、1泊8,000円-12,000円前後のところが多い。エクスペディアでは、簡単に検索結果の絞り込みができるので、希望のエリアを選んで絞り込んでみよう。ホテルクラスや食事プランなどでも絞り込みが可能なので、自分の滞在スタイルにあったホテルを見つけることができる。
    ※長期休暇シーズンには、中/高級ホテルの宿泊費はオフシーズンの2.5倍-3倍程度になる。
    エクスペディアのWebサイトはこちらをクリック

    "飲食代50,000円-80,000円

    繊細な料理が評判のミシュラン二つ星の名店「ファシル」は、食事と飲み物で1人20,000円-30,000円といったところ。「レストラント ビエバーバウ」は1人10,000円-15,000円ほどで、自家農園で栽培されたこだわりの食材を使ったドイツ料理が堪能できる。
    高級レストランへ行く場合は、予約が必要かどうかに加え、ドレスコードのチェックも忘れずに。時期により長期休業する店舗もあるので、事前に確認しておくようにしよう。

  • (Photo by Der RobertJorge DíazBerlin IckLiebeDir)

    スポンサーリンク

    )

    あなたにおすすめ