プティ・パレの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

プティ・パレ
Petit Palais

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/04/slick_Petit-Palais_14-1080x733.jpg

概要

1900年に出来た自然光の美術館

night view of Petit Palais, paris

プティ・パレは、グラン・パレ同様、1900年のパリ万博に合わせて作られた美術館だ。
当時の最大の特徴は、自然光で作品を鑑賞出来ることだった。

大きな窓に加え、中庭を設置することで、外からも中からも上手く光を取り込んでいた。

しかし、美術品にとって日光があたることはマイナスで、また、室温のコントロールも難しかった。
時間の経過と共に徐々に老朽化も進み、当初の自然光を取り入れる美術館が、名ばかりになってしまった。

そこで、かつての姿を取り戻そうと、2002年から実に4年に渡る改修が行われ、2006年に生まれ変わって再オープンした。
今はヨーロッパ随一の鑑賞機能をもつ、「プティ」(日本語で「小さな」)とは言えない美術館になっている。

中にはカフェテリアもあるので、休憩がてらに寄ってみてほしい。

パリ旅行者の必読記事

人気記事

ホテル レジーナの客室
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク