スポンサーリンク

サント・シャペルの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サント・シャペル
Sainte-Chapelle

2017/05/05 更新

Sainte Chapelle
Sainte Chapelle
Sainte Chapelle
exterior of Sainte Chapelle in paris
Sainte Chapelle
Sainte Chapelle
Sainte Chapelle
exterior of Sainte Chapelle in paris

概要

ステンドグラスの創りだす幻想的な世界

Stained glass of Sainte-Chapelle in paris

数多くの教会が建っているパリの中でも、サント・シャペルはイチオシの教会の一つだ。
シテ島に建つこの教会の魅力はその内部で、パリ最古とも言われるステンドグラスが内壁を埋め尽くしており、ゴシック建築の最高峰の一つである。
その総面積はなんと600平方メートルもあり、まさに一面がステンドグラスとなっている。

ルイ9世がコンスタンティノープル帝から買い集めたキリストの聖遺物を納めるために建設を命じたのがこの教会だ。
完成したのは1248年。建設には5年程度がかかったと考えられており、この規模の教会を今から800年近くも前にたった数年で建てさせたルイ9世の権勢が伺える。

毎年100万人も訪れる大人気の観光地であり、荷物検査もあるため、ハイシーズンの入場には1時間以上並ぶことを想定した方が良い。
だが、それだけ並んででも訪問する価値があり、世界中を探しても、このサント・シャペルほど美しいステンドグラスを持つ教会は稀だ。
光の入ってくる確度によって、ステンドグラスが変化するのは幻想的で、まるでおとぎの国の世界に迷いこんだかのようだ。

1階にお土産屋があり、ステンドグラスは2階だ。
入り口で日本語対応のオーディオガイドを借りられる。
大人1名で€4.5
大人2名で€6
子どもは€3
でレンタル出来る。

Sainte Chapelle

パリの危険対策

人気記事

ホテル レジーナの客室
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク