サン・ロック教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サン・ロック教会
Eglise Saint-Roch

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/04/Eglise-Saint-Roch_01-1080x720.jpg

概要

太陽王ルイ14世が礎石を置いた歴史ある大教会

door of Eglise Saint Roch in paris

高級ファッション店が並ぶサントノレ通りに面したこのサン・ロック教会は、その名の通り、かつて欧州で大流行したペストの守護聖人である聖ロクスを称えて建設された。
奥行き126メートルもある巨大な教会で、サントノレ通りでひと際の存在感を放っている。

建設開始は1653年で、ルイ14世か礎石を置いたことに端を発し、彼の死後、度重なる資金難に見舞われ、ようやく完成したのは1719年のこと。

このサン・ロック教会は芸術家の教会とも呼ばれ、美しい宗教画や装飾の数々が出迎えてくれる。
どれも素晴らしい作品ばかりだが、特におさえておきたいのがジュール・アルディアン・マンサール作の「聖母マリアの礼拝堂」で、一際豪華な装飾が施されている。

パリ旅行者の必読記事

人気記事

ホテル レジーナの客室
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク