サクレクール寺院の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サクレクール寺院
Basilique du Sacré-Cœur

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/03/93589c031c87cb826b8de308a9d6a958-1080x720.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

チェック

view from Basilique du Sacré-Cœur in paris

モンマルトルの丘にそびえ建つこのサクレール寺院は、パリを代表する観光地の一つに挙げられる。映画「アメリ」や「ムーランルージュ」の舞台としても使われている。高さは83メートル、奥行き100メートルもあり、高台に位置している事も相まって、パリ市内の開けた場所からであればすぐに見つける事ができる。

凱旋門の屋上、エッフェル塔ポンピドゥーセンター最上階等からパリの街を見渡すと、真っ白で美しいサクレクール寺院が目に入るだろう。

歴史

「サクレクール」とは聖なる心を意味し、欧州中に同名の教会があるが、単にサクレクール寺院と言えばこのパリの寺院を指す事が多い。非常に有名なこの寺院だが、建築が始まったのは1877年で、完成したのは1914年と意外にも新しい建築物だ。エッフェル塔が完成したのが1889年なので、それよりも後に造られた事になる。建築様式はロマネスク様式とビザンチン様式の混合で、ドーム型の天井にその特徴が見られる。

チェック

①騎馬像

night view of Basilique du Sacré-Cœur in paris

圧巻の騎馬像と壁画がお出迎え

入り口で出迎えてくれるのは5メートルもの高さがあるジャンヌダルクと聖ルイ王の2体の騎馬像だ。内部に入り、正面に見えるキリストの壁画は世界最大級で、圧巻の存在感。観光地とは言え、祈りを捧げる人も多くいる神聖な場所なので、できるだけ静かに見学しよう。

②ドーム(天井)

Basilique du Sacré-Cœur

300段の階段の先にある絶景を堪能しよう

せっかくサクレール寺院まで足を運んだのであれば、ドーム(天井)に登ってみて欲しい。チケットを購入して300段もの螺旋階段を登った先からは、パリ市内を一望する事ができる。ドームはぐるりと一周する事ができ、サクレクール寺院を中心とした360度のパノラマビューはパリの街を見渡すのに絶好のポイントだ。

また、サクレクール寺院の前には長い階段があり、連日階段に座って眺望を楽しむ人で賑わっている。フォトウェディングで訪れる新婚さんも後を絶たない。

パリ旅行者の必読記事

人気記事

ホテル レジーナの客室
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク