スポンサーリンク

ニースのバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

ニースのバス

2016/08/04 更新

bus
  • データガイド

スポンサーリンク

路線説明

ニースはトラムも走っているが、1本のみの走行のため、ニース中心街以外へはバスが便利である。

トラムとバスの乗車券は共通で、有効時間内であれば乗り換えもできる。
料金は均一となっているため、距離や区間のよる料金設定はない(98、99番は除く)モナコのバスも同じ乗車券で利用が可能である。
一日たくさん利用する予定がある場合は、一日券がお得である。

路線図HP
http://www.lignesdazur.com/index.asp?no_mobile=1

乗車券の種類

乗車券の種類と料金


■SOLO 1 voyage:一回券・片道切符のこと。
刻印後74分以内が有効期限。74分以内にほかのトラム・バスに乗換え可能。
ただし1回のみ可能。€1.5

■PASS 1 jour:1日券。€5

■PASS 7 jours:7日券。€15

■MULTI 10 voyage:10枚つづりの回数券。二人以上でも使用可能。€10

■AERO:空港行き(98・99番)。€6

乗車券の購入方法

■バスの車内
■LigneAzur取扱店

券売機での購入方法


①自販機の画面の右下にVALIDEと書かれた丸いボタンがあり、このボタンを回して言語を選ぶ(日本語対応なし)。
言語を決定したらボタンを押す。
②チケットの種類を選び、ボタンを押して決定。
③枚数を選んで決定。
④お金を入れる。
※ここで注意したいのが、小銭しか使えないので、小銭がない場合は事前に両替しておく必要がある。

バスの乗り方


バスに乗るときは、事前に乗車券を購入しておくか、バスに乗車したときに、運転手からチケットを購入して乗車する。

乗車するときと乗換えるときは、車内にある刻印機で必ず刻印する。
刻印しなければ乗車券が有効扱いにならないため、検札に来た時に罰金を取られるので注意。

バスの時刻表の見方だが、時刻表に記載されている時間は、始発地点の出発時間である。
それ以外の停留所の場合は、右側に記載されている平均走行時間を足して計算しなければならない。

バスの降り方


降りる停留所を事前に確認し、目的地に着いたらいよいよ下車。
74分以内であれば、無料でバスとトラムの乗り換えが可能。
ただし往復のための利用はできず、乗り換えのみとなる。
バスからトラムトラムからバスに乗換える場合も、再度刻印する必要がある。

初めて訪れる海外で、知らないバスに乗ることは不安であるが、地元の人が乗り降りする場面や、乗車券を刻印しているのを見て、まねることも参考になるだろう。
わからない時は、ガイドブックで調べたり、駅員に尋ねるとよいだろう。

その他注意点

■最終時刻に注意
ニースのバスは、夜遅くまで走行していないので、帰りの時間を確認しておく必要がある。
ほとんどのバスが、20:00台に終了する。
その後は、NOCTAMBUSと呼ばれるバスが出ているが、4路線しかなく30分おきにしか運行しないのだ。
バスの番号も昼のバスと異なるため、NOCTAMBUSを利用するなら、事前にWEBサイトか窓口で調べておくべきだ。

■ストで運休
フランスではストライキが多く、毎日のようにどこかの鉄道・バス・飛行機や会社がストを起こしている。
フランスではこの現状が当たり前のことで、バスが数か月、全面的にストを行うこともある。
バスは移動手段としてとても便利だが、このように突然運休になる場合があることを知っておく必要がある。

(Photo by sphoto33)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ