覚園寺の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

覚園寺
Chùa Giác Viên (チュア ヤック ヴィエン)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/10/slick_Giac-Vien-Pagoda_100-1080x810.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

Giac Vien Pagoda

覚園寺は、ダムセン公園(Công viên Văn hóa Đầm Sen)南側にある住宅街の路地裏に佇む仏教寺院だ。1789年に覚林寺(Chùa Giác Lâm)改修のための倉庫として建てられた建物が、その後拡張されて観音菩薩を祀るようになり、最終的にヤックヴィエン(Giác Viên)という僧によって正式に寺院として設立された。1820年にこの世を去ったベトナム阮朝の初代皇帝ザーロン帝(Gia Long)が、一時この場所に祀られていたと言われている。

見どころ

建築後1899年と1910年に改修を経ているが、その佇まいは歴史を感じさせる。地元の仏教徒達が次々と訪れるローカルな雰囲気も見応えがある。数々の仏像、彫像、石塔の他、ベトナム古来の文化や生活様式が表現された60に及ぶ木の彫刻も見所だ。

ホーチミン旅行者の必読記事

(Photo by Bùi Thụy Đào Nguyên Bùi Thụy Đào Nguyên)

人気記事

外貨両替窓口
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金

スポンサーリンク