アンドン市場でのお土産情報、行き方、営業時間

アンドン市場
Chợ An Đông (チョー アン ドン)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/10/slick_An-Dong-Market_100-1080x608.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

1954年に設立された近代的なビル型のアンドン市場は、地元の人向けの市場だ。観光客はほとんどいない。吹き抜けになった地上3階、地下1階建てのビル内に、所狭しと店舗が並ぶ。ビンタイ市場と同じ5区にありながら、全く違った雰囲気を持つ市場なので、両方見比べて地元の人たちの生活を垣間見てみるのも面白い。

市場

地下1階は乾物や生鮮食品などの食料品店とローカルな食堂街。1階はアオザイ用の生地、宝石、化粧品、帽子、靴、サンダル等が売られている。2階には見渡す限り山と積まれた洋服がある。3階はアオザイ、ベトナム雑貨、民芸品等が売られている。

地元住民の買い物の場と卸売市場としての側面が大きい為お土産品を扱う店舗は少なく、3階以外で観光客が声をかけられることはほとんどない。ベンタイン市場ビンタイ市場と比べても洋服や靴の品揃えは秀逸で、ばら売りをしていて価格が安いので、衣料品などをじっくり選んで買い物したい人にお勧め。

ホーチミン旅行者の必読記事

(Photo by Nguyễn Thanh Quang)

人気記事

外貨両替窓口
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金

スポンサーリンク