タイ労働者博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

タイ労働者博物館 (タイロウドウシャハクブツカン)
พิพิธภัณฑ์แรงงานไทย (レイバー・ミュージアム)

2017/05/05 更新

http://maps.googleapis.com/maps/api/streetview?size=1080x9999&location=13.753033%2C100.54929&fov=81.4698&heading=1089.04&pitch=-1.41&key=AIzaSyBHfo6k_qeF5rkCk_gkCp9uIU_asZOatUM

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

タイ労働者博物館は、1991年に開館した博物館だ。東南アジア地域で唯一の労働者をテーマとした博物館で、タイの労働者問題やその歴史を詳細な資料と共に紹介している。封建制度における奴隷売買制度や近代化以降の奴隷労働、中国移民とアヘン問題、子供の強制労働等、タイ労働史の問題点を余す所なく伝えている。

歴史

日本ではあまり馴染みのない労働をテーマにした博物館があるのは、封建制度下での独特な労働体制の影響がある。タイは民主化する1932年まで、サックディナー制という土地本位の労働制度がずっと続いていた。その為、タイには労働の在り方について深く思索する文化が根付いているのだ。

バンコク旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金

スポンサーリンク