スポンサーリンク

ジム・トンプソンの家の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ジム・トンプソンの家
บ้านจิม ทอมป์สัน (ジム・トンプソンズ・ハウス)

2016/08/04 更新

Jim Thompson House

スポンサーリンク

概要

アメリカ人コレクターの私物博物館

ジム・トンプソンの家は、バンコクでもトップクラスの人気を誇る観光スポットだ。

ジム・トンプソンというのは「シルク王」の異名をもっていたアメリカ人実業家で、東南アジアの芸術品のコレクターでもあった。
タイ各地はもちろんのこと、カンボジアやラオス、ビルマまで足を伸ばして仏教芸術品を収集していたという。

そんなトンプソンが、謎の失踪を遂げる直前まで住んでいたのがこの家だった。
つまり晩年を過ごした家ということであり、この家には彼の多くのコレクションが保管されている。
現在では家そのものが博物館として公開されており、タイ国内でも有数の仏教芸術博物館となっている。

カフェが併設されていたり日本語での案内もあったりなど、日本人観光客にとっては優しいスポットでもある。

見どころ

家そのものも見どころいっぱい

有名なコレクターの家が、家主の死後そのまま博物館になっているというケースは世界中にも非常に多い。
そして多くの場合、家そのものも見応えたっぷりの建築物であるということもよくある。

このジム・トンプソンの家も同様で、タイ国内のさまざまな建築様式がミックスされた家となっているのが特徴だ。
また、それらの様式は時代を超えて混合されているため、タイらしい建築でありながらタイのどこでもないという、どこか現実離れした不思議な佇まいになっている。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ