スポンサーリンク

シンガポールの名物料理10選!お勧めグルメ旅

Singapore food

2017/05/05 更新

多民族で形成される都市、シンガポール。アジアでも注目されている大都市は、中国系、マレー、インド、ユーラシア系で成り立っている。そのため使用されている公用語も数多くある国でもある。多民族が生きる都市は、食文化も多彩だ。中国系の移民によって伝えられた「ニョニャ料理」は、シンガポールの名物料理としてもよく知られている。働きに来ているインド人も多いので、市内ではインド系の名物料理も楽しむことができる。スパイスや唐辛子が効いているのが、シンガポールグルメの特徴でもある。多彩な食文化はシンガポールの歴史を表すものと言えるだろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ラクサ(Laksa)

  • Singapore food

    シンガポールの絶品麺料理が、「ラクサ」である。ココナッツミルクがベースの、まろやかなスープは絶品。麺は太めのモチモチしたビーフン。スープにはチリが加えられているため、少しピリ辛だがココナッツミルクで緩和されていて初心者でも美味しくいただける。シンガポールのニョニャ料理の代表的な名物麺料理なのである。

  • チリクラブ(Chilli crab)

  • Singapore food

    シンガポールの名物カニ料理といえば、「チリクラブ」である。ちょっとピリ辛のチリソースがからまったカニは美味。中華味噌、チリ、ケチャップ、にんにくで作られた特製ソースがカニの旨味を引き出している料理。店舗によってソースの調合は個性もあるので、チリクラブの食べ比べも楽しみ方のひとつである。酸味も効いたやみつきシンガポール名物の料理なのである。

  • フライド・ホッケンミー(Fried Hokkien mee)

  • Singapore food

    シンガポールのローカルフードとして人気なのが、「フライド・ホッケンミー」。いわゆる福建省から伝わった「海鮮焼きそば」のこと。具材はエビ、イカ、モヤシなどが加えられ麺と共に炒められたあっさりした料理。塩味の付いた焼きそばにはライムとチリサンバルが添えられており、好みで混ぜていただくことができる。太めの黄色い麺とビーフンが合わさった麺も特徴的なグルメだ。

  • バクテー(Bak kut teh)

  • Singapore food

    中国語で肉骨茶とも言われる名物料理が、「バクテー」だ。骨付きの豚肉をじっくり煮込んだ料理。すぐ骨から外れるほど柔らかく煮込まれた豚肉と、胡椒が効いたスープは絶品。バクテーと一緒に提供される、ご飯や揚げパンとほおばると口の中に旨味が広がるグルメだ。ご飯にスープをかけて食べたりと、好みで食べ方も変わるシンガポール名物である。

  • チキンライス(Hainanese chicken rice )

  • Singapore food

    シンガポールで最もよくで知られているのが、「チキンライス」である。中国・海南地方から伝わったグルメとされており、「海南鶏飯」としても知られている。鶏のダシがたっぷり出たスープで炊かれたご飯、ジューシーな鶏肉のセットというシンプルな料理。シンプルだからこそ、上品な味わいに仕上がっており人気も高いグルメだ。チリソースも添えられており、好みで辛さを加えることもできる。

  • スポンサーリンク

    ヨンタオフー(Yong Tau Foo)

  • Singapore food

    地元の人にも人気の高い一般料理が、「ヨンタオフー」である。行列ができるほどの店舗には、豆腐、魚のすり身団子、野菜、揚げ物などが並べられており自分で好きな具材をチョイスすることができる。具材を湯がいてもらった後、最後にスープを注ぐとヨンタオフーの出来上がり。ダシの効いた淡白なスープは、日本のおでんのようなローカルフードだ。

  • ポピア(Popiah)

  • Singapore food

    クレープのような薄皮で巻かれた料理が、「ポピア」だ。シンガポールに伝わるニョニャ料理のひとつで、卵と小麦粉で薄く焼かれた皮にエビ、大根、レタス、もやしなどを巻いて食べる料理である。皮の内側にニンニクや唐辛子が加えられた甘めの味噌や、チリソースが塗ってあるのでピリ辛で美味。野菜たちのシャキシャキ食感が美味しい一品である。

  • フィッシュ・ヘッドカレー(Fish Head Curry)

  • Singapore food

    シンガポールの中で意外と一般的なのがインド料理。名物料理にもなっており、「フィッシュ・ヘッドカレー」はその代表料理である。名前の通りカレー味のスープの中に魚の頭がまるごと入った料理だ。スパイスが効いたスープは、辛さの中に酸味もあり意外と食べやすい。オクラとナスも一緒に煮込まれていることもあり、栄養価も高い名物料理なのである。

  • ロティ・プラタ(Roti Prata)

  • Singapore food

    シンガポールに伝わるインドのパンケーキのような料理が、「ロティ・プラタ」である。サクサクとした表面だが、口に入れて噛むとモチモチしているのが特徴。ロティ・プラタにはカレーソースをつけて食べたり、カレーの具を巻いて食べるのがシンガポールの定番の食べ方。エビ、野菜、チキンなどカレーにもいろいろ種類があるので食べ比べしたい料理だ。

  • ペーパーチキン(Paper Chicken)

  • Singapore food

    グルメが集まる都市シンガポールでも、人目を引く名物料理が「ペーパーチキン」だ。特徴は、鶏肉を紙で包んで揚げるという特殊な料理法。紙に包んで揚げることにより肉の旨味が残り、柔らかく仕上がっている。しょうゆ、ネギ、生姜で味付けされているので紙を剥いてそのまま頂ける。シンガポールでぜひ食べてみたい名物料理だ。

  • シンガポールの名物料理を現地で楽しもう!

    本場の味は現地でしか楽しめないので、是非シンガポールを訪れて絶品料理を堪能して貰いたい。まずはシンガポール旅行にどれくらいの予算が必要なのかをチェックしよう。ホテルや飛行機の価格は基本的に日付が近付くほど高くなるので、とりあえず予約をしておいて、行かないと決めた場合には無料キャンセル期間中にキャンセルするというのが頭の良い方法だ。

    ツアーの費用をみる

  • ツアーを選ぶならJTBは外せない

    初めて海外に行くような場合や、大事な人や家族との旅行でお勧めなのがJTBだ。言うまでもなく日本最大手の旅行会社で、費用は他の旅行会社に比べてやや高い一方、プランのクオリティーや世界中にデスクがある安心感は抜群だ。

    出発日の30日より前であれば基本的にキャンセル料が取られないので、とりあえず予約しておくことも可能だ(繁忙期は40日より前)。

    ツアー費用の確認はこちら
  • 個人旅行の費用をみる

  • 飛行機:屈指の格安航空券サイトDeNA

    DeNAトラベルは、あの横浜DeNAベイスターズでお馴染みの大手IT企業が運営する航空券予約サイトで、格安で飛行機を予約することができる。もちろん上記JTBのウェブサイトからも航空券を探せるので、DeNAトラベルとJTBの飛行機価格を比較しながら探しても良いだろう。

    飛行機のキャンセル代は航空券によるので一概には言えないが、取消料などが引かれる場合が多い。とは言え、繁忙期は直前になればなるほど値段があがるので、事前に予約しておくとお得。

    飛行機費用の確認はこちら



  • Booking.com

    ホテル:世界最大手のBooking.comで最安値確認

    全く同じホテルでも検索サイトによって値段は異なってくる。HowTravelがお勧めするのは、世界最大のホテル予約サイトであるBooking.comで、最安値保証をしているため確実に一番安い値段を見つけることができる(万が一他の方が安い場合は差額が返金される)。

    Booking.comのキャンセル規定はホテルによって異なるが、基本的には宿泊直前までキャンセル料無料というものが多い。ホテルの費用は非常に変動が激しいため、良いホテルを見つけたらとりあえず予約しておこう。

    ホテル費用の確認はこちら

  • (Photo by Alpha Freshly Diced Soon Koon Walter Lim Eric Pesik Alpha Alpha Douglas LeMoine Jonathan Lin boo lee)

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド

    スポンサーリンク