スポンサーリンク

バトゥ洞窟の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

バトゥ洞窟
Batu Caves

2016/12/26 更新

Batu Caves

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

バトゥ洞窟の入り口

バトゥ洞窟はクアラルンプールの中心部から13キロメートル程離れたところにある大きな鍾乳洞で、ヒンドゥー教の聖地としてもよく知られているパワースポットだ。

バトゥ洞窟のエリアに到着してまず目に付くのが、ヒンドゥー教の神ムルガンの像。ムルガン像としては世界最大で、金で覆われた姿は非常に神々しい。

272段もの長い階段を登った先にある洞窟内部は石灰岩でできた立派な鍾乳洞になっており、ヒンドゥーの伝説に関係のある展示や壁画を見ることができる。現地では洞窟探検のツアーも開催。探検ツアーは英語ガイド付きで、洞窟にいる生物などを学ぶことができるのでお勧めだ。また、バトゥ洞窟エリアには野生のサルがたくさん生息しているので持ち物には常に注意を払いたい。所要時間は1時間半-2時間程。

歴史

Batu Caves

バトゥ洞窟の歴史はそれほど古くなく、19世紀の終わり頃に有力者が寺院として整備したのが始まりとされている。クアラルンプール中心部から1時間程で向かう事ができ、日帰りで十分観光できるのも魅力だ。また、1月下旬-2月上旬には洞窟内でヒンドゥー教の最大の祭り「タイプーサム」が開催され、世界中から観光客が訪れて賑わう。

チェック

①野生のマカクザル

Batu Caves

かわいいけれどいたずらに注意!

バトゥ洞窟エリアで数多く見かけるのが、「マカクザル」という野生のサルだ。オナガザルの種類で、ニホンザルとも似ている。特に洞窟への長い階段を上っている最中によく見かけるだろう。

マカクザルはいたずら好きで、手荷物を取ったり攻撃したりするので近付かないのが無難だ。親子ザルなども見ることができるので、ちょっと離れたところから可愛い姿を観察するのが良いだろう。

スポンサーリンク

②272段の階段

Batu Caves

洞窟観光の前に立ち塞がる息切れ必至の大階段

バトゥ洞窟でよく知られているのが、洞窟への難所「272段の階段」である。大きな鍾乳洞を見たいのであれば、この心臓破りの階段を乗り越えなければならない。その為バトゥ洞窟を訪れる際には動きやすい服装と、スニーカーで向かおう。

また、長い階段の途中には洞窟探検(DARK CAVE)の看板も見つけることができる。洞窟内の生物の紹介や、洞窟内の音もない暗闇の世界を体験する事ができる。英語ガイドも付いているので興味のある人はぜひ申し込んでみてほしい。

③ムルガン像

バトゥ洞窟のムルガン像

黄金に輝くヒンドゥー教の軍神

バトゥ洞窟へ至る階段の手前に鎮座しているのが、42.7メートルものスケールを有する世界最大のムルガン像だ。ムルガンは最高神シヴァの息子にしてヒンドゥー教の軍神。毎年1月下旬-2月上旬に行われるヒンドゥー教の奇祭「タイプーサム祭」もこのムルガンにまつわる故事を祝うお祭りである。

バトゥ洞窟の危険対策


(Photo by Rob Alter IQRemix)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク