スポンサーリンク

Nソウルタワーの観光情報(展望・料金・行き方・営業時間)

Nソウルタワー (エヌソウルタワー)
N서울타워 (エンソウルタウォ)

2017/05/05 更新

N Seoul Tower

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

N Seoul Tower

東京スカイツリーやエッフェル塔のように、大きな都市には必ずランドマークとなるタワーがそびえ立ってているものだ。ソウルにおいては、南山頂上付近にあるこのNソウルタワーが都市の象徴的役割を担ってくれている。

高さは236.7メートルと世界的に見ればそこまで背が高いわけでもないのだが、山の頂上にある為に海抜で換算すると479.7メートルにも及び、東京タワーの特別展望台(250メートル)や東京スカイツリーの展望デッキ(350メートル)よりも高くなる。その為展望台からの眺望は見事で、オープンから30年以上が経過した現在も家族連れからカップルまで幅広い層から人気の観光スポットとなっている。なんとトイレもガラス張りになっており、用を足しながら壮大な景色を眺められるのもポイントだ。売店で日本語のオーディオガイドも貸し出されている(₩3000)。

歴史

「南山タワー」の名前でこの電波塔が完成したのは、1971年のこと。工事が長引いたため電波塔としての利用が先にはじまり、市民に一般公開されるようになったのは1980年のことだった。現在の名前になったのは、2005年に全面改修されてからの事である。

チェック

①ライトアップ

N Seoul Tower

記念日に合わせた華麗な姿をご覧あれ

2005年に行われた改修工事の大きな目玉が、タワー全体に配した発光ダイオード。これによってNソウルタワーは季節やイベントごとに色とりどりのライトアップを実現できるようになった。Nソウルタワーを訪れた際にはぜひ夜まで滞在して輝くタワーを満喫したい。

また、ライトアップカラーも記念日によって異なり、世界献血デーには赤、クリーンキャンペーン中は緑、空気の澄んだ日には青等、日によってさまざまな表情を見せてくれる。

スポンサーリンク

②夜景

Nソウルタワーから見える夜景

トイレからも絶景を満喫!?

Nソウルタワーからはソウルの美しい夜景が360度の大パノラマで見渡せす事ができる。明洞の繁華街周辺は高層ビルが建ち並んでおり、夜景の輝きに目を見張る程の美しさだ。最上階ではフレンチレストラン「n.GRILL」も営業しており、壮麗な景色を眺めながらディナーを楽しむ事もできる。

ソウルの危険対策


(Photo by Photo and Share CC)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク