明洞聖堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

明洞聖堂 (ミョンドンセイドウ)
명동성당 (ミョンドンソンダ)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Myeong-dong-Cathedral-1080x720.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

明洞聖堂は、ソウル市内にあるカトリック教会だ。ゴシック様式の威厳ある佇まいをしているが、それもそのはず、この聖堂は韓国で最も古いカトリック教会にあたる。こちらの聖堂が建設されたのは19世紀末の事。以来、今日まで韓国国内のカトリック教徒からは信仰の拠り所として親しまれ続けている。韓国というと仏教徒の多い国というイメージがあるが、実はその次に多いのがクリスチャンだ。

歴史

もともと現在の明洞聖堂の場所には自然発生的な信仰共同体ができあがっており、それを知ったフランス人神父によってこの聖堂の建設が進められたという歴史をもっている。つまり、明洞聖堂のある土地は、韓国のクリスチャンにとっては信仰発祥の地ともいえるのだ。

チェック

大聖堂

美しいゴシック建築は必見

明洞聖堂は、外観だけ見ると「古くさい教会だ」という印象を覚える人も少なくないかもしれない。しかしそれは風雪に耐え続けて味わいが出たという事。聖堂の内部は、今でも白と黒のコントラストやアーチ構造が美しい典型的なゴシック建築となっている。

祭壇の奥に埋め込まれたステンドグラスの存在感も大きく、光と影のバランスによって表情を変える。聖堂内は完璧すぎるほど調和のとれた空間となっているので、クリスチャンならずとも一度はミサに参加してみてはいかがだろうか。

ソウル旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
ソウルのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク