スポンサーリンク

ロッテワールドの観光情報(料金・行き方・営業時間)

ロッテワールド
명동롯데월드 (ロッテワールド)

2017/05/05 更新

Lotte World

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

rotte-001

海外旅行先で現地のテーマパークを訪れてみたいという人も多いだろう。韓国で最大の人気を誇るテーマパークといえば、チャムシル(蚕室)にあるロッテワールドだ。約4万坪の敷地面積をもつこの巨大テーマパークには、アトラクションやショー、パレードなど、老若男女が楽しめる仕掛けが盛りだくさんとなっている。ちなみに、マスコットキャラクターはタヌキの「ロッティ」。見かけたら写真を撮ってみよう。

チケットは入り口のすぐ側にあるチケットカウンターで購入可能。アフター4等、入場時間帯によっては割引料金で入場できるのもポイントだ。また、人気のアトラクションは行列になる事もあるので、パーク内の券売機でマジックパス(待ち時間なく乗れる特別パス。ディズニーのファストパスのようなもの)を取得して効率よく回っていこう。

構造

ロッテワールドは、室内テーマパークである「アドベンチャー」と屋外テーマパークである「マジックアイランド」の大きく2つに分けることができる。片方だけでも丸1日楽しめるので、存分にロッテワールドの魅力を味わいたい場合には2日間予定をみておくとよい。また、周囲にはロッテグループの施設が数多くあるので、ついでにショッピングを楽しむこともできる。

チェック

①アドベンチャーエリア

rotte-002

天気を気にせず遊べる屋内遊園地!

室内テーマパークであるアドベンチャーエリアは、合計4フロアを利用した充実のパークになっている。室内テーマパークと言うと少し窮屈な印象を持つ人もいるかもしれないが、吹き抜けの高い天井があるため決して閉塞的な感じはしない。天候を気にせず自由に楽しめるのも魅力だ。

アドベンチャーエリアには海賊船やボートの乗り物など全部で26のアトラクションがある他、アイススケートリンクや民俗博物館といった施設も充実している。また、連日パレードやショーなども開催されている。

スポンサーリンク

②マジックアイランドエリア

rotte-003

迫力満点のアトラクションに注目

ダイナミックなアトラクションを楽しみたい場合には、屋外テーマパークであるマジックアイランドへ繰り出そう。時速72キロメートルの高速ジェットコースター「アトランティス」やフリーフォール系の「ジャイロドロップ」、回転しながら揺れる「ジャイロスイング」など、いかにも遊園地といったエキサイティングなアトラクションが17も揃っている。また、ロッテワールドの象徴というべき大きな城があるのもこの屋外エリア。写真撮影にはうってつけだ。

③ロッテワールドモール

ロッテワールドモールの内観

映画や水族館もある大型ショッピングモール

2014年10月、ロッテワールドの目と鼻の先に大型複合施設ロッテワールドモールがオープン。百貨店やレストラン街はもちろん、映画館や水族館も併設しており、一日では回りきれない程のボリュームだ。ロッテワールドを楽しんだ後に、食事やショッピングを楽しむのもお勧め。

④ロッテホテルワールド

ロッテワールドホテルの室内

観光スポットのど真ん中にある使い勝手の良いホテル

ロッテワールドの目の前にあるのがロッテホテルワールド。子供連れの家族からカップルまでニーズに合わせた部屋や宿泊プランが多数揃っており、使い勝手が良いのが特徴。白とピンクを貴重にした格式高い内装も見どころだ。各種アメニティも充実しており、フロントは日本語利用も可能。

④ロッテタワー

建設中のロッテワールドタワー

韓国の新しいランドマーク

ロッテワールドに向かう途中で目を引く、圧倒的な存在感を放つビル。2016年10月に完成予定で地上123階、555メートルの高さを誇る韓国の新しいランドマークだ。伝統的な陶磁器と筆の形をモチーフにしており、世界で6番目に高いビルでもある。展望台やオフィス、ホテル、ショッピングコーナー等を併設予定。

(Photo by KhitaiJirka MatousekTeddy CrossJulie FacineInSapphoWeTrust rok1966 rok1966 Teddy Cross)

ソウルの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク