スポンサーリンク

釜山の地下鉄の料金、乗り方 、路線図、注意点

釜山の地下鉄

2016/08/04 更新

busan-metro
  • データガイド

スポンサーリンク

路線説明

釜山の地下鉄は、釜山交通公社が運営している4路線(1号線-4号線)と釜山‐金海軽電鉄が運営している軽電鉄の5路線が走っている。
釜山市内の観光地のほとんどは、地下鉄が走っているため、便利である。
地下鉄の路線は、番号と色によって区分されているため、とてもわかりやすい。

釜山の地下鉄は、料金も安く渋滞もないため、気軽に利用できる移動手段のひとつである。
乗車券を購入する際も、日本語での対応がある。
車内の電光掲示板は、日本語表示があり、車内アナウンスも日本語でも流れるため、日本人観光客にとって初心者でも利用しやすい。

地下鉄の料金は、区間によって異なる。
1回券のほか、釜山市内の地下鉄が乗り放題のチケットもある。
1日に何回も乗車する予定であれば、乗り放題券がお得である。

路線図HP
http://www.humetro.busan.kr/japan/main/

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回券:片道切符
1区間(出発地から10キロメートル):₩1300
(交通カード利用時:₩1200)
2区間(出発地から10キロメートル以上):₩1500 
(交通カード利用時:₩1400)

■1日券:1日乗り放題。区間や乗車回数に制限なし。₩4500

■7日券:7日間区間に制限なく、20回まで乗り放題。

■1ヶ月券:30日間区間に制限なく、60回まで乗り放題。

■交通カード:チャージして利用するICカード。
バスでも利用可能。
ハナロカード、マイbカード、キャッシュbee、T-moneyの4種  類。

乗車券の購入場所

■自動発券機

乗車券の購入方法

bus_metro_01

①画面上で日本語を選択する。
②目的地の駅名を選択する。
③料金が表示される。
④お金を入れる。
⑤乗車券が出てくる。

乗り方

①確認する
乗車券を購入したら、改札口に向かう。
改札口は、「Tracks(乗り場)」と書かれている下にある。
目的地に向かう電車の、路線番号や色を路線図で確認しておく。

②改札をする
改札は自動改札になっており、切符の場合は挿入口に入れる。
交通カードを利用する場合は、改札機の上部にあるカードリーダーのカードを「ピッ」と音がなるまでかざす。
回転バーを押し回して通過する。
切符の場合は、出てきた切符を取って改札をでる。

③乗車する
駅のホームは、韓国語と英語でのアナウンスが流れるが、主要観光地の駅は日本語でも流れるためわかりやすい。
電車が到着しドアが開いたら乗車する。
新しい路線では、ほとんどがスクリーンドアになっている。

降り方

車内アナウンスもホームのアナウンス同様、基本は韓国語と英語で流れるが、主要観光地は日本語での案内もある。

目的地に到着したら電車を降りる。
違う路線に乗換える場合は、改札を出ないで乗換えることが可能だ。
その際、別途料金を払う必要はない。
乗換えは表示や矢印に従って進めば、簡単に乗換えることが可能である。

降りるときは乗車時と同様に、改札口を通る。
切符の場合は、挿入口に入れると回収される。
交通カードはカードリーダーに再度かざす。

その他注意点

■上りと下りで改札が異なる
ソウルの地下鉄は、上りと下りでは改札が別にある駅が多い。
上り方向に向かうつもりが、誤って下りの改札に入ってしまうと、再度改札を出て入り直さなければならない。
改札の端にはフリーゲートがあるが、駅員に説明する必要があるため、言葉の通じない場合説明するのも一苦労だ。
改札を通る前に、目的地の方向が合っているか必ず確認が必要だ。

(Photo by Minseong Kim Anna L Martin)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ