釜山の金海軽電鉄の料金、乗り方 、路線図、注意点

釜山の金海軽電鉄

2017/05/05 更新

Gimhae Light Rail Transit
データガイド
プラン相談

データガイド

路線説明

釜山の金海軽電鉄は、釜山‐金海軽電鉄株式会社(BGM)が運営する路線である。
釜山の金海(キメ)国際空港と釜山市内を結ぶ路線であり、観光客にとっても大変便利な路線である。
以前は、空港から釜山市内へは、リムジンバスやタクシーでの移動が主流だったが、金海軽電鉄ができてから、渋滞に巻き込まれず早く移動することが可能になった。

金海軽電鉄の料金体制は、区間によって異なる。
また、日本のSuicaやICOCAのようなICカードタイプの交通カードもある。
交通カードを使用すれば、割引きが適用されるので、交通カードが便利である。
1回分の乗車券は、トークンと呼ばれ、丸いコイン型をしている。
普通券(青色)・割引券(緑色)・優待券(赤色)・精算券(黄色)の4種類ある。

路線図HP
http://www.bglrt.com/english.web

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回券:片道切符
1区間:₩1300、2区間:₩1500

■交通カード:ICカード。チャージして利用する。
T-money・ハナロカードなど。
地下鉄でも利用可能。
交通カードを利用すると、その都度払うより安い。
1区間:₩1200、2区間:₩1100

乗車券の購入場所

■自動発券機
■T-money・ハナロカードなどの交通カードは、地下鉄の自動発券機(チャージは、駅の自動補充機・コンビニでも可能)

乗車券の購入方法

①言語を選ぶ。
韓国語・中国語・日本語・英語から選択する。
②目的地を選択する。
③乗車券の種類と枚数を選択する。
④金額が表示されたらお金を入れる。

乗り方

①確認する
乗車券を購入したら、目的地へ向かう電車を路面図などで確認する。

②改札する
改札はすべて自動改札となっており、1回券の場合はコイン型の乗車券を、投入口に入れる。
交通カードは、カードリーダーに「ピッ」と音が鳴るまでカードをかざす。
回転バーを回して通過する。

③乗車する
電車のドアは、ホームドアの2重になっている。
電車が到着したらドアは同時に開く。

降り方

目的地に近づいたら降りる準備をする。
乗換える場合は、壁などに表示されている標識や矢印に従って進むと、ホームに到着できるだろう。
降りる場合は、乗車時と同様に改札をする。
1回券は投入口に入れると、乗車券が回収される。
交通カードは、カードリーダーにかざす。
回転バーを回して通過する。

その他注意点

■ホームを間違えないように
釜山の金海軽電鉄は、ホームに入る際の改札は、目的地に向かう方向と逆の方向では改札が異なる。
もし、間違えて違う方向の改札の入ってしまうと、もう一度戻らなければならない。
改札の端にフリーの改札があるため、駅員に間違えたことを伝えなければならないので注意する。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産・仏国寺も見学!新羅の古都慶州を日帰りで

  • 釜山のお勧めツアー

    慶州日帰り充実プラン☆世界遺産 仏国寺と石窟庵+古墳公園+校洞村+国立慶州博物館

    世界10大遺跡都市である慶州を徹底的に観光する日帰りプラン。世界文化遺産に指定された仏国寺や花崗岩を組んで作られた石窟庵など、新羅千年の文化を感じる遺構や芸術が目白押しだ。ランチは慶州名物のサンパッ韓定食。

    ➡ 詳細はこちら

  • 釜山旅行者の必読記事

    プラン相談

    どんな釜山旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「2万円以内で釜山旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    釜山のホテル
    海外での防犯対策グッズ