スポンサーリンク

黄浦公園の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

黄浦公園 (コウホコウエン)
黄浦公园 (ファゥンプーゴンユェン)

2016/08/04 更新

Huangpu Park

スポンサーリンク

概要

外灘の歴史を見てきた黄浦公園

黄浦江と呉淞江(蘇州河)の合流する地点の南側にある、ヨーロッパ式の公園。
黄浦江沿いの遊歩道に接して造られている。
公園からは外白渡橋(ガーデンブリッジ)や東方明珠電視塔、浦東の高層ビル群など眺めることができるため、観光客に人気のスポットとなっている。

1868年にスコットランドの庭師により造園された黄浦公園。
当時は"Public Garden"と呼ばれ、中国語では公共花園と呼ばれていた。
その後、外灘公園とも呼ばれた時代を経て、1935年に黄浦公園と名づけられ、現在にいたる。
公園が造られた当初は外国人専用の公園で、公園の周囲にはフェンスが張り巡らされ、「中国人と犬は入るべからず」の掲示があったとされている。
また、中国人が立ち入らないよう、警察官が公園の周りで目を光らせてもいた。
しかし後に上海市民にも開放され、現在では市民の憩いの場となっている。

見どころ

人民英雄記念塔

Huangpu Park

黄浦公園に建てられている巨大なモニュメント。
アヘン戦争、五四運動、人民解放戦争で亡くなった烈士を記念し建てられた。

地下は外灘歴史記念館となっており、外灘に欧米諸国が進出し、共同租界が設けられてから、第2次世界後に租界が廃止されるまでの外灘の様子を写した写真などが展示されている。
月曜日から金曜日まで開放されており、開館時間は9:00-16:00。
入場は無料。
内部での写真撮影は禁止であるため注意が必要だ。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット