メキシコシティで食べられるメキシコの名物料理5選!お勧めグルメ旅

メキシコシティの街並み

2017/10/10 更新

トルティーヤはメキシコの主食である。トウモロコシをすり潰し、薄く伸ばし焼いたものをトルティーヤと呼ぶが、トウモロコシの代わりに小麦粉が使われることも少なくない。トルティーヤに他の食材を包み食べるという事が多く、屋台やレストランで簡単に食べる事ができる。日本でいうおにぎりみたいなものだが、メキシコシティでは日本のおにぎりより手軽に食べる事ができる。メキシコシティに言ったら毎日でも食べる食品であるがクセがなく飽きることはない。

トルティーヤ(Tortilla)

  • トルティーヤはメキシコの主食
    トルティーヤはメキシコの主食である。トウモロコシをすり潰し、薄く伸ばし焼いたものをトルティーヤと呼ぶが、トウモロコシの代わりに小麦粉が使われることも少なくない。トルティーヤに他の食材を包み食べるという事が多く、屋台やレストランで簡単に食べる事ができる。日本でいうおにぎりみたいなものだが、メキシコシティでは日本のおにぎりより手軽に食べる事ができる。メキシコシティに言ったら毎日でも食べる食品であるがクセがなく飽きることはない。

  • カルネ・アサーダ(Carne Asada)

  • カルネ・アサーダは薄切りの味付けされた牛肉が入ったタコス
    "カルネアサーダは牛肉のことを指すが、メキシコのレストランでカルネ・アサーダと言ったら、薄切りの味付けされた牛肉が入ったタコスのことで、メキシコシティでは人気の料理の一つである。店にもよるが牛肉は数種類で味の変化を楽しむ事ができる。メキシコ特有のサルサ、ワカモレ、サワークリームが肉の旨みと絶妙に絡み合い多くの観光客を魅了する一品。店によってはレモンジュース、にんにくなどで牛肉をコーティングして漬けることで肉を一層柔らかくしているところもある。
    "

  • バルバコア(Barbacoa)

  • バルバコアとは肉をゆっくりと蒸し焼きにした料理
    バルバコアとは肉をゆっくりと蒸し焼きにした料理だ。メキシコシティでは豚肉、羊肉、ヤギ肉などが使われる。タコスやブリートに混ぜられることがあり、メキシコシティを代表する料理の一つ。バルバコアはスペイン語でバーベキューを指し、中南米でもよく食べられている料理である。各地で食べられる料理だが、メキシコの伝統的な調理方法は少し変わっており、穴を掘って焼いた石や炭の上に葉っぱを敷き味付けした肉や羊をのせゆっくり焼く。昔は蒸した肉のことを指すが現在は焼いた肉を指すこともある。

  • ウェボス・ランチェロス(Huevos Rancherosa)

  • メキシコシティの朝ごはんの定番の、ウェボス・ランチェロス
    メキシコシティの朝ごはんの定番と言えばウェボス・ランチェロスが挙げられる。ウェボス・ランチェロスとはトルティーヤと卵を、辛めのサルサで煮込んだものである。メキシコシティのホテルやレストランなどいたるところで見ることができる。卵は半熟位が丁度良く、サルサを吸ったトルティーヤに絶妙に絡み合う。トルティーヤもサルサもメキシコのソールフードなのでウェボス・ランチェスはメキシコ料理のいいところを組み合わせている感じだ。

  • ケサディーヤ(Quesadilla)

  • メキシコシティのファストフードであるケサディーヤ
    メキシコシティのファストフードとしてあげられるのがケサディーヤである。主材料はチーズ。チーズをトルティーヤもしくはマサに挟む。タコスやブリートは材料を調理してからトルティーヤなどに包むのだが、ケサディーヤは材料を詰めた後で調理をする。作り方は店によって異なるがトルティーヤをチーズで覆い、さらにトルティーヤで挟み鉄板でグリルするところも多い。三角形に切ってお皿に盛られることがほとんどである。日本のホットサンドメーカーのようにケサディーヤ・メーカーたるものもある。

  • (Photo by Kasper ChristensenLWYang Jeff Kramer Kent Wang Elchavobeer stu_spivack)