オークランドの名物料理5選!お勧めグルメ旅

オークランドの街並み

2017/10/10 更新

オークランドはニュージーランド北島北部に位置し、ニュージーランド最大の都市である。ポリネシア地域最大の都市でありながら豊かな自然環境を持っている。イギリスの影響が強いためイギリスの定番メニューであるフィッシュ&チップスはよく目にすることができる。その他ニュージーランドは日本同様四方を海で囲まれているためオークランドでは魚介料理が多い。あた世界一の輸出量を誇るラム肉や世界の半数以上がニュージーランドで飼育されているシカは豊富である。

フィッシュ&チップス(Fish&Chips)

  • オークランドのフィッシュ&チップスはボリュームに定評がある
    "ニュージーランドの定番中の定番と言ったらフィッシュ&チップス。フィッシュ&チップスと言ったらイギリスを連想しがちだがニュージーランドの定番メニューでもある。至る所で見るため狙っているのに手に入らないということはない。バーなどでは必ず置いてある一品である。どこでも買える上価格も高くないがカロリーが高い。オークランドのフィッシュ&チップスはボリュームに定評がある。店によって味付けボリュームが異なるが基本的にははずれがない料理と言われている。
    "

  • ラムチョップ(Lambchop)

  • ニュージーランドに言ったら必ず口にするであろうラムチョップ
    ニュージーランドに言ったら必ず口にするであろうラムチョップ。日本では高級食材として扱われているがニュージーランドはラムの輸出量が世界一でオークランドではやはりよく目にする。ラムとは1歳未満の子羊のことを指すが、ニュージーランドのラムは広大な自然で放牧で育てている上人工飼料を与えていないため安全である。ラムチョップは骨つきあばら肉でグリルして食べるのが一般的。ジャガイモ、アスパラガス、ニンジンなどが添えられて出されることが多く価格は2000円程度。

  • ローストラム(Roast Lamb)

  • ラム料理で有名なローストラム
    ラムチョップと並びラム料理で有名なのがローストラムである。ラム肉の塊をハーブで味付けし、表面をカリッとさせ、中は柔らかくジューシーに仕上げられている。それを薄くスライスしたらローストラムの出来上がりである。ローストラムにはグレービーソースやミントソースをかけられるのがオークランドの家庭料理の定番である。ジャガイモ、玉ねぎ、かぼちゃなどが添えられていることが多い。レストランでもよく見かけられる一品なので狙ったら必ずと言っていいほど食べることができる。

  • クレイフィッシュ(Crayfish)

  • クレイフィッシュはニュージーランド産の伊勢海老のこと
    クレイフィッシュはニュージーランド産の伊勢海老のことでオークランドではよく見られる料理である。3500円程度と少々値は張るが日本の伊勢海老に劣らない食感と甘さは定評で日本に比べたら比較的割安に食べることができる。茹でたクレイフィッシュをそのまま食べることもあるが、レストランなどで出されるのはガーリックバターやレモンなどで味付けされたクレイフィッシュである。魚介類を取り扱っている店で調理済みのクレイフィッシュを購入することも可能で、頼めば縦に半分に切ってくれる。

  • グリーンマッスル(Green Mussels)

  • グリーンマッスルはニュージーランド特有のムール貝
    グリーンマッスルは日本人には聞きなれないがニュージーランド特有のムール貝である。ニュージーランド近海でしか取れないので世界的に見たら希少だがオークランドでは有名料理の一つである。貝殻が緑色をしているのが特徴だが、味はムール貝に酷似している。ワインとともに食べることが多い。調理方法としたらワイン蒸しやソテーにして料理されることが多い。肉厚なので噛みごたえがあり風味がたまらないので病みつきになってしまう一品である。

  • (Photo by Francisco AnzolaAmanda Tj Neeta Lind sagar rathod einalem Naotake Murayama)