シドニーのハイド・パークの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ハイド・パーク
Hyde Park

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Elizabeth St Sydney NSW 2000

シティレール(Cityrail)T2、T3 セント・ジェームズ(St. James)駅

料金

無料

営業時間

0:00-24:00

休業日

年中無休

HP

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

大都会のオアシスのような公園


もともと、競馬場として造られたハイド・パークは、カレッジ・ストリートとエリザベス・ストリートに跨って南北にのびる楕円型の大きな公園である。
約580本の樹木が植えられている緑豊かな広大な敷地は、約2万平方キロメートルにもおよぶ。
また、1810年に最初の競馬レースが行われたという、歴史ある場所である。

ハイド・パークは、タウン・ホールやショッピングモールが集まるピット・ストリートモールから近いにもかかわらず、敷地内は緑にあふれており、大都会の中心部にあるオアシスのような存在だ。

散歩を楽しむ市民たち、お弁当を広げてピクニックを楽しむ親子連れ、休憩をしているスーツを着たビジネスマンなどの姿を見ることができる。

見どころ

街歩きに疲れたらハイド・パークで休憩するのもおすすめ


有名なアーチボルト噴水は、ハイド・パークの象徴的な存在だ。
この噴水は、フランスからオーストラリアに贈られた歴史的な建造物でもある。

アーチボルト噴水の傍からは、南半球で最大規模を誇るゴシック建築のセント・メリーズ大聖堂を背景に眺めることができるため、観光客にとっての絶好の記念撮影スポットとしても人気が高い。

街歩きや観光に疲れたら、由緒あるアーチボルト噴水を眺めながら、このオアシスのような公園内でのんびりと過ごすのもおすすめだ。

" target="_blank">RubyGoes RubyGoes RubyGoes)

編集部一押しの観光プラン

カンガルー探しに鍾乳洞見学!名物ガイドと旅する大自然

  • ブルーマウンテンズ+ジェノラン鍾乳洞+展望台と野生カンガルー探検

    日本語堪能なオーストラリア人ガイドと巡る、世界遺産ブルー・マウンテンズ国立公園の旅。秘境・ジェノラン鍾乳洞探索や野生のカンガルー探しと、ダイナミックな自然ととことん触れ合う。愉快なガイドが老若男女問わず大人気だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • シドニー旅行者の必読記事

    (Photo by

    アクセス・入場

    ハイド・パークへのアクセス

    Elizabeth St Sydney NSW 2000

    シティレール(Cityrail)T2、T3 セント・ジェームズ(St. James)駅

    人気記事

    シドニーのホテルからの夜景
    【シドニーのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集