ブリスベンの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ブリスベンの夜景

2017/10/10 更新

ブリスベンはアジアの文化を多く取り入れている。そのため食事でもアジア気質の高いものも多数見受けられる。オーストラリア特有の料理も少なくなく、ブリズベンは食の宝庫と言える。肉料理、魚料理はもちろん、最近ではメイン料理に備えられる野菜のバリエーションと量が増えた。オーストラリアといえば豪快な料理のイメージがあるが、日本人でも納得できるような繊細さも持っている。特にスイーツは数多くの名物スイーツがあり、甘いもの好きにはたまらなと言える。

ミートパイ(Meat Pie)

  • ブリスベンの代表的なテイクアウトメニューとしてあげられるのがミートパイ
    ブリスベンの代表的なテイクアウトメニューとしてあげられるのがミートパイである。日本でも見られることが多々あるが、ブリスベンではおやつとして食べられるのが一般的。特徴的なのがぎっしり入っているお肉である。サイズも日本で見かけるのより一回り大きいことが多く、一つ食べればお腹いっぱいになってしまうことも。野菜しか入っていないとしてもミートパイという場合もあるのでどんな店でどんなミートパイが売られているかはあくしておくひつようがあるので。カレーが入っていたり、カスタードが入っているものもあるためミートパイというよりはパイとしていろんな種類のものを売っていると考えておいたほうがよい。

  • フィッシュアンドチップス(Fish&Chips)

  • ブリスベンのフィッシュアンドチップスの魚に使われるのはバラマンディ、タラ、カレイなどが多い
    フィッシュアンドチップスと言ったらイギリスの料理と捉えられがちですが、オーストラリアやニュージーランドでも多々見ることができる。揚げた白身魚にレモンをかけたりタルタルソースをかて食べるシンプルな料理である。ブリスベンの場合、フィッシュアンドチップスの魚に使われるのはバラマンディ、タラ、カレイなどが多い。店によっては魚の種類を選ぶこともできるためブリスベン特有のものを食べたいのであればやはりバラマンディを頼むのがお勧めである。ブリスベンではウィークエンドに海岸沿いの公園でフィッシュアンドチップスを食べている人々を目にする事ができる。

  • カンガルー(Kangaroo)

  • カンガルー肉はブリスベンでは低カロリー高タンパクの肉として人気
    日本人では馴染みのないカンガルー肉もブリスベンでは低カロリー高タンパクの肉として人気がある。肉なのにダイエット食だとして注目を浴びていて、よくバーベキューパーティーでは牛肉に並んで登場する。あまりレストランでカンガルー肉を見ることはないが肉屋やスーパーなどで購入する事ができる。ブリスベンでカンガルー肉を食べたいと思ったら友達にバーベキューパーティーを開いてもらったり、逆に自分で企画したりといったのが良いだろう。

  • ロブスター(Lobster)

  • ブリスベンのロブスターは日本の伊勢海老のよう
    ブリスベンのロブスターはアメリカのロブスターやヨーロッパのオマール海老というよりは日本の伊勢海老に似ている。日本の伊勢海老と比べると少し甘さがないため刺身としては適していないと言われている。その反面グリルやボイルで食す場合は日本の伊勢海老に引けを取らず違いが分からなくなる。ブリスベンで食べる場合、日本の伊勢海老に比べ安価で食べる事ができるので、特にグリルで出されるロブスターは狙い目である。

  • パンケーキ(Pancakes)

  • ブリスベンには変わったパンケーキがたくさん
    パンケーキを売っている店はブリスベンに多数ある。さらにオーストラリアは独自のスイーツが好まれる傾向にあると言われている。その証拠にスターバックスはオーストラリアでは成功できず撤退傾向にある模様である。そういうことからも独自のスイーツ、オーストラリアに根付いたスイーツが好まれる事がわかる。そしてオーストラリアに根付いているパンケーキは国内外から絶大な人気を誇っている。店独自のバリエーションを持っていて見た目にインパクトがある巨大なパンケーキ、味の多彩さを売りにしているパンケーキなど見てよし、味よしのパンケーキが多い。ブリスベンに行ったら是非食べたいスイーツの一つである。

  • (Photo by Lenny K PhotographyElsie Hui Elliot jayneandd Stephan Ridgway Sean MacEntee)