ワシントンD.C.旅行のおすすめ観光スポット5選!

アメリカ国会議事堂

2017/10/10 更新

初めてワシントンD.C.に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック。 絶対行くべき定番のおすすめスポットを厳選した。ワシントンD.C.は、アメリカの首都であり、ホワイトハウス、国会議事堂、最高裁判所があることで有名な都市である。ワシントンD.C.には、動物のはく製や恐竜の化石が見られる世界最大級の博物館「国立自然史博物館」や、世界最大級の図書館「アメリカ議会図書館」、宇宙や航空に関することが学べる体感型博物館である「スミソニアン航空宇宙博物館」などがある。また、ワシントンD.C.にあるポドマック公園には、日本から寄贈された桜の木々が植えられており、毎年桜祭りが開催されいる。春にワシントンD.C.を訪れるなら、異国の地で桜を楽しむのもおすすめである。

国立自然史博物館 

  • ナイトミュージアム2の舞台にもなった国立自然史博物館 
    国立自然史博物館は、ナショナル・モール沿いに位置し、アフリカゾウのはく製を見ることができる博物館である。国立自然史博物館は、映画「ナイトミュージアム2」の舞台になったことでも有名である。1億2千5百万個以上もの展示数を誇る世界最大級の国立自然史博物館は、展示数の多さに圧巻させられるだろう。館内では、世界最古の微生物の化石や、9000年前に発見された恐竜の卵の化石、さまざまな哺乳類のはく製など、迫力ある展示に心を奪われるだろう。国立自然史博物館は、なかなか見ることができない貴重な体験ができる観光名所である。

  • アメリカ議会図書館

  • 世界最大級の図書館であるアメリカ議会図書館
    議会議事堂に隣接するアメリカ議会図書館は、約1億5000万点もの書籍や資料を有する世界最大級の図書館である。アメリカ議会図書館は、日本の国立国会図書館のモデルにもなっており、3つの建物から成り立っている。その中でもトーマスジェファーソン館は、大理石でできており、モザイク画やステンドグラスが施された内部は煌びやかで美しい。床から天井までの高さが49メートルもあるメインの読書室は、広大で豪華な造りになっており、写真付きIDカードがあれば自由に利用することができる。アメリカを代表する世界最大級の図書館で読書を楽しむのも、おすすめの楽しみ方である。

  • スミソニアン航空宇宙博物館

  • ライトフライヤー号などを展示するスミソニアン航空宇宙博物館
    スミソニアン航空宇宙博物館は、航空や宇宙に関する貴重品を有する博物館として人気の名所である。スミソニアン航空宇宙博物館では、ライト兄弟が飛行に成功したときに乗っていたとされる「ライトフライヤー号」や、リンドバーグの「スピリット・オブ・セントルイス号」、初めて月面着陸に成功した「アポロ11号」の宇宙船司令室などここでしか見ることができない展示品が多数ある。また、昔使用されていたアメリカの軍用機や、航空会社の制服などの興味深い展示にくぎ付けになることだろう。ワシントンD.C.を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってほしい観光名所だ。

  • ナショナルモール

  • 観光名所の集まるナショナルモール
    ナショナルモールは、ワシントンD.C.の中心部に位置し国宝となっている国立公園である。ナショナルモールは、ワシントン記念塔から国会議事堂まで東部へ広がり、博物館や美術館、記念館が点在する場所である。ナショナルモールは、世界各国から多くの観光客が訪れる国内最大の観光名所でもある。ナショナルモールは、デモや集会などが行われる場所としても有名であり、大規模になると数十万人の人々が集結することもある。また毎年、独立記念日には式典が開催され、花火も打ち上げられる。多くの観光名所が集結するナショナルモールは、必ず訪れておきたいおすすめの観光名所である。

  • ニュージアム

  • ニュージアム
    ニュージアムは、報道の自由や表現の自由を目的に設立された博物館である。ニュージアムは2008年に一般公開されるようになり、ニュースや報道に関する展示品の数々を見ることができる。館内では、ニュースの歴史から最新のデジタル技術まで知ることができ、世界的に有名な事件の写真や動画などが見られる。またニュージアムは、展示品の見学だけでなく、ゲームに参加したり、映画を観ることもできる体験型の博物館である。過去500年の記事についての展示がされているニュージアムで、歴史的なニュースや事件などを学ぶのもおすすめである。

  • (Photo by María Renée Batlle CastilloPROwww.GlynLowe.com Tydence Davis Aurelien Guichard Sebastian Bassi NCinDC)