サンノゼの名物料理5選!お勧めグルメ旅

サンノゼの街並み

2017/10/10 更新

サンノゼはカリフォルニアにあるシリコンバレーの中心都市である。世界中から技術者や学生が集まり、2009年には人口100万人を突破した。様々な国の料理が食べられる都市だが、サンノゼといったらやはりメキシコ料理である。アメリカ開拓初期に移民してきたラテン系のメキシコ出身者によって持ち込まれ、今では深く根付いている。小規模のメキシコ料理のレストランが多く家族経営をしているという店が少なくない。果物や野菜が豊富で乾燥フルーツ、果物缶詰加工工業も栄えている。

チキンケサディ(Chiken Quesadilla)

  • チキン・ケサディはメキシコ料理の一つで野菜や鶏肉、チーズなどをトルティーヤで挟んだ料理
    チキン・ケサディはメキシコ料理の一つで野菜や鶏肉、チーズなどをトルティーヤで挟んだ料理を指す。サンノゼではファストフードとして人気の高い料理で、テイクアウトするのに最適な料理である。チリパウダーやオーロラソースなど、日本ではあまり馴染みのないソースが使われるがものすごい辛いというわけではなく、辛いのが得意でない方でも食べられる。ケバブに似たような感じではあるがチキン・ケサディの方がアレンジが聞くため味のバリエーションがある。ケサディと呼んだりケサディーヤと呼ぶこともあり、チキンではなく羊の肉が使われることもある。

  • トルティーヤ(Tortilla)

  • サンノゼのトルティーヤは小麦粉を使っている
    トルティーヤはメキシコを代表する料理で日本でも馴染みのある料理だが、サンノゼでもよく目にする事ができる。ただメキシコのトルティアと違う点はメキシコはトウモロコシの粉を使っている事が多いのに対しサンノゼは小麦粉を使っている事が多い点である。中に入っている具材や味付けは店によって異なるがメキシコで売られているトルティーヤと大差はない。サンノゼではレストランやホテルはもちろん、家庭料理としても出される事が多い。

  • セビチェ(Ceviche)

  • セビチェは中南米の料理で、ペルーやメキシコで有名な料理
    セビチェは中南米の料理で、ペルーやメキシコで有名な料理である。サンノゼの料理もメキシコ料理を多く取り入れているためよく出される。一言で言えば魚介類のマリネである。サンノゼでセビチェが出される際は単品で出される事もあるが、同じプレートにトルティーヤやトウモロコシやライスが添えられている事も多い。食材はタコやイカ、魚にウニ、ザリガニなど店によって出すものは様々。店によっては日によって食材が異なったり、値段が変わったりする事もあるため注文前にチェックしてから食べたい一品である。

  • プルドポーク(Pulled Pork)

  • アメリカの代表的料理の一つ、プルドポーク
    "アメリカの代表的料理の一つがプルドポークである。地方や家庭によって味付けや食材が異なる。メキシコ料理が中心のサンノゼでもよく出される料理である。一言でいうと肉のバーベキューで、安価に入手できる豚肩肉を使っている。オーブンで長時間かけてゆっくり焼いたプルドポークは柔らかくフォークで簡単にほぐす事が出来る。パンに挟んでハンバーガーにする人も少なくなく、それがそのままランチボックスに入っている事もある。
    "

  • ステーキ(Steak)

  • アメリカ料理の代表格、シンプルなステーキ
    "アメリカの料理と言って思い浮かべられるのが肉料理、特にステーキである。日本でも馴染み深い料理であるがサンノゼの場合Tボーンステーキと言う骨付きのステーキをよく目にする。味はバーベキューソースが使われ、日本人からしてみたら想像しやすい味である。しかし日本で見るステーキより明らかに大きく、一番小さいサイズでも日本の普通のサイズ、もしくは大きいサイズと同じくらいである。そのためサンノゼのレストランなどで食べる場合は小さいかなと思う程度のサイズを頼むのがよい。
    "

  • (Photo by Blok 70stu_spivack Tim Patterson stu_spivack Shelby Bell stu_spivack)