オーランドの名物料理5選!お勧めグルメ旅

Orlando-food

2018/01/16 更新

オーランドは何と言ってもディズニーワールド、ユニバーサル、シーワルドなどのテーマパークがあることで知られている都市である。テーマパーク以外にも、豪華なホテル、ゴルフ場、ショッピングセンターなどの観光施設が多数存在し、また気候も1年を通して温暖であることから、世界中から観光客が集まる都市である。オーランドはオレンジの生産地としてとても有名で、フレッシュなオレンジジュースを楽しむことができる。その他にも、オーランドで楽しめるアメリカングルメを紹介する。

キーライムパイ(Key Lime Pie)

  • Orlando-food
    キーライムとは、レモンやすだちのような柑橘類の一種であり、特徴は、レモンやすだちよりも果汁が多とれ、その他のライムよりも酸味と香りが強い。原産地は東南アジアであるが、今ではフロリダ、メキシコなど中南米でも盛んに栽培されている。その果汁と、コンデンスミルクをパイクラストに入れて作られるのが、キーライムパイだ。メレンゲをトッピングすれば、メレンゲのふわふわな食感とコンデンスミルクの甘みとキーライム酸味が口の中で絶妙に調和する。このパイはフロリダ州で、公式パイとして認定もされている。

  • ワニ肉の唐揚げ(Gator Bites)

  • Orlando-food
    養殖用のワニ肉を使用した唐揚げ。鶏肉よりも少し噛み応えがある程度で、硬すぎず美味しい。レストランにも様々だが、主にスパイシーなケイジャン(Cajun)ソースにつけて食べるのが一般的である。唐揚げの他にも、ブリトーの中の肉をワニ肉にしたり、ナチョスに入れたり、ステーキとして食べたりなど食べ方は様々。日本だとなかなか食べる機会のない珍しい食材だが、現地に行ったらトライしてみたい一品だ。

  • コンチ貝の唐揚げ(Conch Fritters)

  • Orlando-food
    コンチとはフロリダの海で獲れるコンチと呼ばれる貝で、大きさは10センチほどにもなる大きな貝である。それを小さくみじん切りにして、パプリカ、トウガラシ、玉ねぎ、セロリなどの野菜と混ぜて、揚げたものがコンチフリッターである。ソースの種類はレストランによって様々あるが、ケチャップやマヨネーズをつけて食べられることが多い。外は揚げてあるのでカリッとした食感で、中は貝のコリコリとした食感を楽しむことができる。

  • キューバサンドイッチ(Cuban Sandwich)

  • Orlando-food
    キューバサンドイッチは、1960年にキューバからの移民の流入があった時から、よく食べられるポピュラーなサンドイッチとなった。中身はハム、ローストポーク、スイスチーズ、ピクルス、マスタード、そしてサラミが加えられていることもある。それらの材料をキューバパンに挟んで食べられる。キューバパンはフランスパンのような感じで細長く、少し固めのパンである。 このサンドイッチは2012年にタンパ市によってタンパのサンドイッチとしても指定された市認定のサンドイッチとなっている。

  • キンカンのマーマレード(Kumquat Marmalade)

  • Orlando-food
    フロリダ州は、世界の中でもキンカンを最も生産している場所の一つである。収穫期は秋から冬にかけてと期間は短いものの、マーマレードにすることでその味を一年中楽しむことができる。収穫の時期にはキンカン祭りなども街で行われる。そのまま食べると苦味と酸味があるので、食べ方としては、トーストの上にのせて食べるのはもちろんのこと、バニラアイスクリームにのせたり、ビスケットに挟んで食べたり、また料理の隠し味にも使うなど使用方法は幅広く存在する。

  • (Photo by danuvHungry Dudes mrak75 Jing jeffreyw justgrimes)