ボストンの名物料理5選!お勧めグルメ旅

Famous food in Boston

2017/10/10 更新

17世紀にイギリスの植民地として栄えたボストンは、イギリスに近いその地理的位置から、アメリカ独立に至るまで歴史上重要な位置にあり、たくさんの歴史的事件が起こった場所である。そのため、イギリスの文化とアメリカの文化が入り交じり、独特の進化を遂げた街となった。現在は、全米で一番大学が多く、医療・ハイテク産業も盛んで、観光地として名高く、2014年に全米都市総合ランキングで5位になっている人気都市だ。また、海に面した土地柄、漁業も盛んで、食文化にも大きな影響を与えている。そんな新旧併せ持つボストンのお勧め料理を紹介する。

ニューイングランドクラムチャウダー(New England Clam Chowder)

  • Famous food in Boston
    ボストンのあるニューイングランドはクラムチャウダー発祥の地である。そこで食べられるニューイングランドクラムチャウダーは、牛乳(もしくは生クリーム)と小麦粉をベースにした白いスープが特徴だ。具材は、角切りにしたホンビノスガイなどの2枚貝の身、タマネギ、セロリ、ジャガイモが定番だが、店によって、ベーコンや人参などアレンジが加えられ、スープもサラッとしたものからドロリと濃いものまで様々あるので、店ごとのオリジナルのクラムチャウダーを楽しむこともできる。近頃は、器も変化形が増え、定番の皿に盛られたものから、テイクアウト用にカップに入っているもの、丸いパンの中をくりぬいて、そこにスープをよそったもので、パンをちぎってスープにつけてながら食べるなど、バリエーションも多い。

  • ロブスターロール(Lobster Roll)

  • Famous food in Boston
    ボストンと言えば、シーフードが有名だ。ロブスターをはじめ、クラブ、オイスターなど、たくさんの種類のシーフードが町中のレストランで提供されている。しかし、レストランで食べると、「時価」と表示されており、どうしても割高になってしまうパターンが多い。そんな時にお勧めしたいのが、ロブスターロールだ。これは、ホッドドッグのウィンナーを、ボイルされたロブスターをマヨネーズで和えたものに変えたもので、街角のスタンド、ファーストフード、レストランで$10程度で食べることができる。ロブスターを食べたいがお財布に余裕がない時に、ぜひチャレンジしたい。

  • ボストンクリームパイ(Boston Cream Pie)

  • Famous food in Boston
    ボストンクリームパイとは、スポンジの中にたっぷりのカスタードクリームをはさみ、全体をチョコレートでコーティングしたボストン発祥のスイーツだ。パイと呼ばれているが、見た目はほとんどケーキそっくりで、食べ方もケーキのように放射状に切り分けて食べる。1856年、ボストンのパーカーズ・ホテルの中にあるパーカーズ・レストランのシェフが考案し、当初は「チョコレートクリームパイ」と呼ばれていた。現在はマサチューセッツ州の公式スイーツに認定されている。シーフードに飽きたら、ぜひこの歴史のあるスイーツを楽しんでみてはどうだろうか。

  • ケープコッダー(Cape Codder)

  • Famous food in Boston
    ボストンはクランベリーでも有名である。ボストンのあるマサチューセッツ州はクランベリーの産地として有名で、さまざまなクランベリー加工品がお土産としても販売されている。その中でも現地で楽しみたいのが、採れたてのクランベリーを絞って作ったクランベリージュースをウォッカで割り、ライムを浮かべたカクテル「ケープコッダー」だ。ボストンから南へ下ったケープコッド半島の地名を冠したこのカクテルは、クランベリーの赤が綺麗なカクテルだ。クランベリーが収穫される10月に、採れたてのクランベリージュースで楽しみたい。

  • ロブスター(Lobster)

  • Famous food in Boston
    海に面したボストンは、シーフードが豊富だ。町中にロブスターグッズが並ぶボストンでぜひチャレンジしておきたいのは、やはりロブスター。レストランに入れば必ずロブスターに出会える筈だ。調理方法はボイルか、グリル、またはロブスターの中に詰め物をしたものなどあり、価格はほぼ「時価」となっているので、注文の前に価格をチェックしておくとよい。お勧めの食べ方は、素材の味が堪能できる、ボイルだろう。現地ではバターに付けて食べるのが定番だが、採れたてのロブスターなら、海水の塩味だけで十分だ。殻付きのままサーブされ、殻を割る道具、エプロン、お手拭きなども用意されているので、汚れることは気にせず、豪快に味わってみるのもよい。

  • (Photo by Phillip GrondinJosh Stainger yosoynuts Tom a_few_years_beyond_21 Justin Bramley Massachusetts Office of Travel & Tourism)