ホワイトチャペル・ギャラリーの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ホワイトチャペル・ギャラリー
Whitechapel Gallery

2017/05/05 更新

Whitechapel Gallery

データガイド

アクセス・入場

概要

近現代美術をけん引する公営アートギャラリー

Whitechapel Gallery

ホワイトチャペル・ギャラリーはロンドン東部に位置する公営美術館だ。
1901年に開館して以来、イギリスの近現代美術界を牽引し続けている。

50年代から60年代にかけて、ジャクソン・ポロック、マーク・ロスコなどのアメリカ作家の個展をいち早く開催したことでも知られている。

1938年にはスペイン内戦に反対する展示内で、ピカソの「ゲルニカ」を英国で初めて展示したというのは、よく知られている話。
今でも、世に出始めたアーティストから、巨匠にいたる様々なアートを発信している。

どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

ロンドン旅行者の必読記事

(Photo by Herry Lawford Walter Lim)

人気記事

ザ ゴーリングの中庭
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク