倫敦漱石記念館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

倫敦漱石記念館
Soseki Museum in London

2017/05/05 更新

基本情報

住所

80b The Chase Clapham, London SW4 0NG

Northern線 Clapham Common 駅

料金

£4

営業時間

水曜、土曜は11:00-13:00、14:00-17:00
日曜は14:00-17:00
※最終入場は16:30

※2016年9月末にて閉館予定

休業日

月曜、火曜、木曜、金曜

HP

Soseki Museum in London
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

漱石ファンの思いが詰まった記念館

Soseki Museum in London

「吾輩は猫である」で有名な夏目漱石が、ロンドンに留学した際に下宿した建物の向かいに作られたのが「倫敦漱石記念館」だ。
漱石のファンの手により作られたものである。

漱石は1900年-1902年に至るまでの約2年間、ロンドンに留学していたと言われている。
記念館は当時漱石が5番目に下宿した建物の向かいに建てられている。
1984年にロンドンに滞在していた漱石研究家「恒松郁生」の手によって開館。
館内には留学時の資料や、漱石が見たロンドンの様子が分かる当時の写真や新聞などが展示されている。
また。漱石ファンには嬉しい様々な漱石関連の書籍も自由に閲覧することができる。

漱石ファンだけのスポットではなく、日本とヨーロッパの交流の場として多くを学べる観光スポットに、ぜひ足を運んでほしい。
※2016年9月末にて閉館予定

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

ロンドン旅行者の必読記事

(Photo by Shinichi Sugiyama)

アクセス・入場

倫敦漱石記念館へのアクセス


80b The Chase Clapham, London SW4 0NG

Northern線 Clapham Common 駅

プラン相談

どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

ザ ゴーリングの中庭
海外での防犯対策グッズ